ラテ散漫

オンラインゲームのプレイ日記中心のブログ。ラグ対策なども綴っています。

アルフヘイムの魔物使い ~初心者編~

Category: アルフヘイム:その他  
最終更新:2014年12月25日

上記の最終更新日を見ればわかると思いますが、現在アルフヘイムの魔物使いをプレイしていないためこのページを更新できず一部の情報が古いままです。
鵜呑みにせず、あくまで参考程度にお願いします。


今日から初心者さんが増えるかもしれないという噂を聞いて作ってみた( ´_ゝ`)
というより一部は自分の確認用。


自分が最初にプレイしたときにわからなかったことや、よく全体チャット(略して全チャ)で質問される初心者向けの質問&回答をまとめてみた(・∀・)
アルフヘイムの本スレ、みんなのwikiからも参考にしてます。


※時々予告なく追記、編集します。
※すでにキャラを作ってゲームを開始してる初心者以上の人が対象です。
※内容が違っていたり、誤字脱字があった場合はコメントで教えてくださると助かります。
※一部私の偏見も入っているため、参考程度にお願いします。
※主はチュートリアル未実装時にアルフ開始したため、チュートリアルの内容は知りません。
※口調がバラバラなのは気にしないでください…。
※こんなところよりwikiに書けよってコメントも勘弁してください…。



まだ始めたばかりで右も左もわからないという人は、公式やwikiの初心者向けのページ参照のこと。
セブンフィールズから来た人は基本システム一緒なんでほとんど不要だろうけど…。

参考:【公式】アルフヘイムの魔物使い:ゲームガイド

参考:アルフヘイムの魔物使い 攻略wiki:初心者ガイド

上記以外で足りない情報は下記に追記。


■最初に

Q. このゲームは基本何をすればいいの?
A. クエストをクリアし続ければいい。
 そうすればいける場所も増え、クエストも増え、レベルも楽にあがる。
 逆をいえばクエストをクリアしない限り、いつまでたっても先に進めない。

Q. アルフヘイムの魔物使いのサーバーは1個だけ?
A. 公式サイト、ゲソてん、GASH、mixi、ニコニコアプリ、ハンゲーム、GameCityから登録していけるサーバー(通称:本鯖)と、yahooモバゲーからいけるサーバー(モバゲー鯖)の2種類があります。
 モバゲー鯖は2014年2月にサービス開始されたため、2013年10月に正式サービス開始された本鯖よりも人数が少ない鯖です。
 極力皆と足並みそろえて行きたいならばモバゲー鯖、レギオンや助っ人、バザーが多いのは本鯖…という感じかと。

Q. アルフヘイムの魔物使いって課金しなくても楽しめる?
A. 最前線ボスで俺TUEEEEEEしたいなら数十万円以上の課金必須。ある程度の強さとボスで妥協できるなら無課金でも可能。
 課金して魔物を沢山召喚して合体させてスキルやステータスを上げれば上げるほど強くなるゲームなので、無課金でいく場合は課金者よりも何倍も時間かけて魔物を育成&ある程度行けるフィールドやボスを妥協しなければならないのが現状。そのためプレイできる時間が少ない&あまり課金もできないならば根性ある人でもない限り別ゲーム推奨。
 最前線ボスは基本廃課金用ボスといっても過言ではない(廃課金者のみのPTでもないと倒せないボスが時々実装されるのでもはや仕様)。また最近は強スキルや魔法を持つRに進化させる魔石をゲットするのにも課金者じゃないと倒せないボスが何匹も出現し、R進化ですら無課金だと制限がかかる始末に不満の声もある。
 …まぁ昔より無課金でもSRを手にいれる機会が増えたため運営としては(課金してもらわないとやっていけないので)仕方ない仕様なのかもしれないが…。

Q. 公式で「少ない時間で簡単育成」ってあるけどこれ本当?
A. 他のMMORPGと比べれば「本当」
 簡単育成できるのは取得経験値が少ないほんの最初だけ。後になればなるほど修行だけでは経験値が全然足りないため簡単育成は無理だった。
 だが後のアップデートで報酬の経験値豊富なデイリークエストなどが手軽にできるようになったため、1日1時間か2時間もプレイできればそれなりに育成は可能。ただしそのデイリークエストを出すには前提クエストを時間かけてこなさないといけないのがネック。

Q. 社会人でも時間関係なく普通にプレイできる?
A. ほぼ毎日定時で帰れる人なら楽しめる。毎日深夜になるなら別ゲームをオススメする。
 特定の曜日の特定の時間にしか出てこないボスが大半&そのボス倒さないと指輪が手に入らない、魔物を強くする(RやSRをランクアップする)ことが難しくなるため、18時~24時の間にある程度INできないならばアルフヘイムの魔物使いはやらずに別ゲームしたほうがいい。
 スマホでアルフヘイムの魔物使い…のようなものがプレイできるが、見ればわかるとおりアルフヘイムの魔物使いとは別ゲーであり連動はしていない。

 参考:なぞって攻略!新感覚RPG「テイマーズダンジョン 迷宮の魔物使い」



■移動編

Q. いちいち地面クリックが面倒なんだけど…
A. 左上のミニマップをクリック→行きたい場所へクリックすれば自動で移動可能。
 ゴブリン穴など一部のフィールドではミニマップが表示されないためこの技は使えない…。

Q. フィールドから自宅や街に戻りたいんだけど…
A. 主人公クリック→移動クリック→ホームタグクリック→自宅or街クリック。

Q. 行動力の回復時間ってどう算出されてるの?
A. 行動力を使ってから1時間後に1回復。ただし長時間ログアウトすると回復力が早まる。
 フィールドと街を短時間で何度も往復したり、行動力が必要な助っ人参加したり、修行の時間短縮を使うとすぐ行動力が0になるので要注意。フィールドに出る前に、装備やスキルはセットしたか、PTに必要な魔物はいるか、アイテムは持ったかの確認はしましょう。
 また長時間ログアウトすると行動力が早く回復する仕様になっています。…が、ログアウト時の残りの行動力によっても回復量が変わるので注意。

参考:アルフヘイムの魔物使い 215匹目(2ちゃんねる):11レス目

 一番効率よい回復方法は残り行動力が7のときに2時間ログアウト or 残り行動力が4のときに4時間ログアウト(両方とも行動力MAXまで回復)。用事あるときやメンテナンスの時間など、事前にログアウトする時間がわかっているなら残りの行動力にも注意しておきましょう。
 外出や就寝するときなど、7時間以上アルフヘイムをプレイしない場合は修行時間短縮などで行動力をすべて使い切ったほうがお得です。


■装備編

Q. 武具はどうやって揃えるの?
A. 古都イスピーナ(以下、街)の武器、防具屋で購入。その後自宅にて強化を行いより強力な武具へと作り変える。
 基本的に買い換えなしのため、始めは購入した武具を強化していくしかありません。
 一部はクエストなどの景品でもらえる場合もあります。

Q. どうやって装備するの?
A. 自宅に戻り、装備したいキャラをクリック→ステータス→左下の装備欄の右端のボタンクリック→装備選択→決定。
 自宅でないと装備できないので注意。
 魔物の場合は歩き回って探すのが大変なため、画面左下のアイコンからステータスを出しましょう。

Q. サブ武器とは?
A. 武器切替により使用できる装備のこと。
 武器の切替は自宅以外でも行えます。
 基本は武器切替は必要ないので、盾が装備できるキャラや魔物は盾を装備しましょう。
 盾が装備できないキャラは、空欄のままで大丈夫です。

Q. 指輪は?
A. 後々になってから手に入るため、当分の間は空欄のまま。
 特定の曜日の特定の時間内に出現するボスを討伐するクエストを受注→討伐してクエストクリアすれば報酬として「指輪かも?」がもらえます。(鑑定結果の大半は宝石特大になるが…)
 曜日ボスは主人公のレベルが最低でも10Lvにならないと参加できないため、それまでは空欄のままです。

Q. ☆がついてる装備とついていない装備の違いは?
A. ☆がついているものは強化できません。
 未強化の場合、☆有り装備品のほうが強いものもあります。…が、☆有り装備品は強化ができません。☆なし装備品でも、強化をすれば店で売っている☆有りよりも強くなります。
 そのためお金に余裕がない場合、店では☆なし装備を買ったほうがお得です。

Q. 武器装備したのに攻撃スキル使っても敵に与えるダメージが増えてない
A. 攻撃スキルに合った武器を装備しているか?
 たとえばワーグやバイパーが使うファストファングは突なので突が伸びる牙を装備する、というように攻撃スキルの性能に合った武器じゃないとダメージが増えません。
 また魔法を使う魔物はその属性数値が増える武器を装備したほうが無難です(フェアリーは回復や火が増えるロッドなど)。
 防具でも種類によって攻撃力が若干増えるので、火力重視の人は購入の目安にするといいです。

Q. 武具の強化材料はどこから?
A. フィールドでの探索、戦闘後のドロップ(略してドロ)、バザーでの購入など。

Q. 強化したけど装備できない
A. 装備に必要なステータスに届いていない可能性大。
 同じ小剣でも力だけ必要とか、力と知力が必要といった風に種類によって条件が違うため、特に複数の魔物で使いまわしをする際は要注意
 各キャラに装備させておけば強化後の武具が装備可能かどうか判断できるので、強化前に装備しておくこと。



■コミュニケーション編

Q. 友達登録はあるの?、ギルドはあるの?、ささやき(wiz)はあるの?
A. 現時点ではありません。(未実装)
 ギルド作成用のクエストやギルドチャットがありますが、何故かギルド自体はまだ実装されていません。
 チャットをしたい場合はグループチャットでグループを作り、レギオンでグループへの加入者を募集しましょう。

Q. ワールドチャットでチャットしてる人が多いけど自分も参加していいの?
A. 参加してもいいですが、質問ではなく雑談する場合はBL(ブロックリスト)に入れられて引退に追い込まれる可能性が高いです

Q. わからないところがあるんだけどワールドチャットで質問してもいい?
A. 勿論OKです。ただし間違った情報も平然と飛び交う場所なので注意を
 ゲーム中にわからないことなどの質問回答に利用する分にはワールドチャットはおおいに利用してください。それくらいでBLに入れる人はまずいないと思います。
 ですが某wikiに書いてあるようにワールドチャットの回答の中には「誰でもわかるようなウソの情報を初心者に教えている」人が時折見受けられます。偽の情報に振り回されないためにも質問する際は極力自分で調べて、それでもわからない場合に質問しましょう。教えられてもその情報を100%鵜呑みにせず、あくまで参考としてとらえるようにしましょう(特に誰をスタメンにするか、誰にどんなスキルを習得させるか等で誤った情報がよく飛び交うようです)。

Q. ワールドチャットで質問や回答ではなく雑談する人よく見るんだけど自分も参加しても良い?
A. 質疑応答以外のチャットはBL(ブロックリスト)に入れられる可能性が高いので絶対参加しないようにしましょう。
 質疑応答ではなくツイッターの呟きのように、アルフヘイムの話題に関係ないことまで何度もワールドチャットを利用する人が大勢います。そんなチャットを好きで擁護する人もいますが、中には「他人の愚痴やら呟きやら見たくない」「初心者の質問に回答したりゲームの参考になる話題を見たいからワールドチャットを表示してるのに、アルフヘイムと関連ない話題ばかりで不愉快」と思う人も大勢いることを知ってください。そもそも雑談をしたいならグループを作ってグループチャットで会話すればいいのですから、ワールドチャットを質問の場として使うことはあっても雑談の場として使う必要はまったくないのです。
 アルフヘイムと関連がない話題ばかりチャットするとBLに入れられる可能性は非常に高いです。大勢の人にBLに入れられるとゲームが進行できない最悪の事態に発展します。そのためアルフヘイムの魔物使いを長くプレイしたいならアルフヘイムの質疑応答以外でのワールドチャットは利用しないことを強く推奨します。
 「(ゲームとは関係ない)雑談見たくない人はワールドチャットを表示しない」とか言う人いますが、そんなことはありません。ゲームに関連ある話題も出てくることがあり、それを見逃したくないがためにワールドチャットを表示してる人だっています。それを理解せずにゲームとは関係ない雑談ばかりでログが流れてしまうのが現状であり、ゲームの質問をしても(不愉快でワールドチャットを見ない人がいるため)回答できる人がいない、間違った解答されても指摘する人がいないのが問題なのです。
 ワールドチャットは気心しれたメンバーだけ見えるギルドチャットではありません。ワールドチャットは様々な考えを持った、子供から大人まで、初心者から熟練者まで全プレイヤーがどこにいても見えるチャットです。そのことをよくよく念頭に置いてからワールドチャットに参加するようにしましょう。



■釣り、探索編

Q. 釣り、探索はどこで行うの?
A. 各フィールドの特定のエリア内。釣りは街でも可能。
以下の参考サイトを見るとわかりやすいです。

参考:アルフヘイムの魔物使い みんなで攻略Wiki:釣り・探索ポイント一覧

Q. 指定された場所についたのに探索、釣りポイントが表示されない…
A. 場所が間違っているか、探索や釣りのレベルが足りてない。
 釣りはまず街で釣って釣りレベルを上げないと、イスピーナ丘陵4(以下、丘4)の釣りポイントが見えません。また街の2箇所目も釣りレベルをある程度上げないと見えません。
 探索は丘1から探索してレベルを上げましょう。

Q. 1回探索や釣りしたら二度とできないの?
A. 1時間後にポイントが復活するので、再度釣りや探索可能。
 釣りや探索はポイントが消えるまで探索や釣りをしてから1時間後に復活します。
 魔法の鍵で開ける宝箱に関しては1度開けると2度と出てきません。

Q. 釣りしてたら敵が出てきた!
A. フィールドの釣り場ではランダムで出現するので注意。
 街では出てきません。
 基本その釣り場の推奨レベルに応じた敵が出るため、背伸びして行ってる人はやられないように注意を。

Q. 釣ったり探索したりして出たものはどうするの?
A. 釣り品は調合の材料、探索品は武具強化や一部クエストに必要。
 釣りや探索が面倒という人はバザーで購入するしかありません。
 ただし戦闘で入るお金(単位H)は数Hから数十Hと微々たるものなので、シーフ以外は基本釣りや探索をしっかり行わないとお金がすぐ底を尽きます。


■調合編

Q. 調合の種類が少ない
A. 調合しまくって調合レベルを上げる。
 釣りして材料集めて調合しましょう。
 現時点では30Lvまで(沈黙特効薬)しか実装されていません。



■クエスト編

Q. クエストを出すNPCが見つからない
A. 画面左上のミニマップを開いてピンクの■を探す。
 それでも見つからない場合は必要なクエストレベルが足りないか、出現条件となるクエストを終了させていないため表示されません。
 まだ残っているクエストがあればそれを完了させよう。

Q. NPCは見えるけど、クエスト少ない…
A. 発生条件のクエストを終了していない。
 まだやりのこしたクエストがないか確認を。

Q. デイリークエストで霊魂が貰えるクエストランクって何Lvまで上げればいい?
A. 現時点ではクエストランク11Lvまで

Q. 天の魔石が貰えるクエストランクって何Lvまで?
A. 現時点では13Lvまで
 現時点ではクエストランク14Lv以降は何もクエストはありません。



■フィールド編

Q. 魔物の餌はどうやって使うの?
A. 主人公クリック→呼び寄せ→魔物の餌
 買い込めばその場で連続戦闘ができます。
 課金アイテムのよびよせの笛も同じ使い方です。

Q. 赤の薬、青の薬、緑の薬はどうやって使うの?
A. 主人公クリック→持ち物→だいじなもの→緑の薬or赤の薬or青の薬→使用するをクリック

Q. 聖水はどうやって使うの?
A. 主人公クリック→持ち物→聖水
 主人公がいるマップに居る間だけ効果があります。
 (丘1の場合、次の丘2や丘4、自宅や街へ行くと効果が切れる。戦闘中やログアウトは効果が切れない)
 ただし戦闘に入る確率が減るだけで戦闘にならないわけではないので注意。

Q. フィールド歩いていたら助けて!って表示がでた!
A. 助けられるならば助けましょう。
 救援要請ボタンを押した人が助けを求めているので、自分のPTの体力を確認した上で助けましょう。
 ただし、丘(特に1)に関しては初心者が好奇心で押したりしているので助けるかはご自由に。

Q. 飛竜の谷5から飛竜の谷奥1に行きたいのに道の途中に炎が立ってて通れない…。
A. 道を塞ぐ炎に当たるとLord.ValleyDragonと戦闘になります。討伐すれば討伐した時間から2時間、通行できるようになります。
 道の途中にある炎はフィールドボス(通称FB)といって、討伐すれば貴重な装備品がゲットでき、討伐時間から2時間以内なら通行できるようになります(2時間後に復活します)。…ですがみんなのwikiにある目安の強さを見ればわかるように、谷に来たばかりのメンバーでは10人集まっても即全滅の強さなので接触厳禁。通りたければ強い人が討伐するのを待つしかありません。どうしても谷奥1に行きたい場合はメインストーリーを進めて自宅から谷奥1へ、行動力3を使って直接移動するしかありません。
 ちなみにタケゾニア渓谷4にある炎もLord.CanyonBehemothというFBであり、討伐されないと渓谷4にいるNPCのクエストがクリアできない他、渓谷4から渓谷7へ直接移動ができません(渓谷7自体は渓谷2→5→6→7と移動できます)。ちなみに渓谷FBは谷FBとは違って討伐されると6時間通行可能です。

Q. フィールド上でログアウトしたはずなのに、ログインしたら何故か自宅に戻っていた!
A. 仕様です。FB(フィールドボス)がいるフィールドでログアウトすると自宅に強制帰還となります。
 そのため谷5などFBがいるフィールドはログアウトしないよう要注意です。
 またプレイ環境やサーバーのラグ具合によっては画面を更新するだけでも強制帰宅になる場合もあるのでご注意を。
 FBがいるマップは用事がない限り速やかに別マップへ移動するのが吉です。



■戦闘編

Q. 戦闘終了の宝箱開封後で期待値って書いてあるけどあの数値は何?
A. 期待値が高ければ高いほど自分がアイテムを入手しやすくなる。
 助っ人やレギオン戦では期待値の数値が一番高い人がアイテムを手に入れられます(最高値で999)。ただし助っ人の主催者など優先権を使われたアイテムは優先権を使った人が必ず入手します。(期待値が1000固定なため)
 ソロで戦っている分には自分しかアイテムを取る人がいないので、期待値は関係ありません。

Q. 期待値ってランダム(乱数)?
A. ランダムです
 どうしてもドロップしたアイテムがほしい場合は、ソロ狩りor主催して優先権を使うのどちらかしか100%確実に入手する手段はありません。

Q. 前列と後列の違いは?
A. 後列だと被ダメ減、与ダメ減(魔法,弓槍、一部の攻撃スキル除く) ヘイト0時は前列のみ狙われるなど
 某掲示板情報だと2割ダメージが違います。
 基本、槍弓装備や回復、魔法役は後列。特に魔法役は布装備で物理耐久がないので後列推奨。 
 インパルスドライブなど、後列で武器を選ばない攻撃スキルを使うと弓や槍を装備してもダメージが少なくなるので注意。

Q. 薬草を買い込んだのに戦闘中の道具で使えない!
A. 説明文をよく見ましょう。薬草はフィールドでしか使えません。
 戦闘中に使える回復アイテムはポーションやエーテル、エリクサーです。
 薬草や丸薬、マナ葉や粉薬、気付け薬は戦闘中では使えません。
 戦闘中に使えるアイテムが1個もない場合、アイテム欄は使用不可能になります。

Q. 戦闘中に使えるポーションやエーテルはどこで手に入るの?
A. 自分で調合するかバザーで購入するしかありません。
 今のところNPCでの販売はありません。

Q. 特定のキャラばかり攻撃される!
A. アルフヘイムは戦闘中に回復をするキャラなどを狙うヘイトシステムが採用されています。
 そのため、回復系の魔法やアイテム、範囲攻撃など一部のスキルを使ったキャラが敵の猛攻にさらされやすくなります。
 アイテムやスキルを使う際は注意しましょう。

Q. 優先して倒したい敵がいるのに1人1人攻撃対象変更が面倒
A. 戦闘画面左上のAuto Targetをマウスオーバー→先に倒したい敵をクリック。

Q. 何ターンまで戦えるの?
A. 158ターンまで(うろ覚えなため情報ください…)

Q. 地走りなどの単発攻撃スキルってゴブリンラッシュのような多数攻撃スキルより弱い?
A. 初めのうちだけです。敵の防御力が高くなると多段攻撃スキルのほうが断然弱くなります。
 冒険始めのうちはボスですら防御力がほとんどないので、単発スキルよりも多数攻撃できるスキルのほうが強い傾向があります。ただし冒険を進めて雑魚敵すら防御力が高くなっていくと、多数攻撃の1つ1つが防御力によりダメージ軽減されてしまうので、多数攻撃できるスキルは急激に弱くなります。

Q. チェインって何?
A. 指定の時間内に戦闘を終わらせると経験ボーナスが入るシステムのこと。

参考:アルフヘイムの魔物使い みんなで攻略Wiki:Chainシステム

 早めに戦闘開始して早めに戦闘終了すると、経験ボーナスが段々と増え、最終的には倍の経験値が連続してもらえます。
 そのため、レベリングをする際は
  ・すぐ戦闘に入れるように魔物の肉か課金アイテムのよびよせの笛を持つ。
   (笛がない場合、フィールドで肉販売をしている丘1や湿地1とかが良い狩場)
  ・戦闘は1ターンで終わるような敵が出る場所で(遅くても2ターン以内には終わるように)。必要あれば攻撃スキルも惜しまない。
   (敵が多少弱いフィールドでも経験ボーナス考えると、終了ターンが長くなるフィールドの敵より累計経験値は大きくなる)
  ・その場で長く戦闘続けられるように回復アイテムは大量に用意しておくこと。
   (特に粉薬やマナ葉などのMP回復)
  ・戦闘後のアイテムや回復魔法の使用も注意。もたついてるとチェインが切れる。
 またサーバーに人が多いとラグって戦闘開始が遅れる→チェインが途切れやすいので注意…どうしようもないが。



■攻略編
Q. ○○(フィールド名)の敵が強くて進めない…どうやって攻略すればいい?
A. 以下参照。
 私がどうやってフィールドをクリアしてきたかをざっと書いてみる。無課金ならばおそらくザルツ山脈から躓き始めるので記載はそこから。
 ただしボスに関してはwikiのほうが詳しく載っているのでそちらを参照に。
 また自分は火山から小額ながらも課金しているため、完全無課金で進めている人にはあまり参考にならんかも…。
 オススメC魔物はそのフィールド到達時点で用意できるCクラスの魔物かつ個人的に戦力になれると思う魔物です。そのため用意はできてもあまり強くないため一覧から省いている魔物もいます。
 またこれは私の経験を入れた考察なので、あくまで参考に。

Q. ザルツ山脈の敵が強い…対策は?
A. ゴブリンロード(通称ゴブロ)を最低1匹は作ること。
 ゴブロは火力も高く、ゴブリンラッシュ(通称ゴブラ)はかなり戦力になるため、最低1匹はパーティにいれておくといい。ゴブロへの進化に必要な貴種は湿地奥の宝箱に1個あるため、それを使うとお金も痛まない。(もし売ったり、他の魔物の進化に使ってしまった場合はバザーで買うか、山脈4のトロールインペリアルか山脈6~8にいるブラックオーガからドロップするしかない)。
 また湿地奥からHPがピンチになると全体攻撃を使う魔物が出始める。ザルツ山脈以降にそういった敵が増えてくるため、HPが低い妖精系や防具を装備できない魔物がピンチになりやすい。敵のHPを削る際は注意しよう。どのマップもいえることだが、全滅しないよう攻撃スキルを惜しまないこと、HP高くて集中攻撃しても1ターンでは倒せない場合は、全体攻撃を喰らわないギリギリのところまでHPを削ってから、次ターンでスキルや魔法を使って一気に倒せるように攻撃する方法も考えると楽。
 フィールドに出る際はマナ葉や粉薬などMP回復アイテムも持参していくといい。ザルツ以降は新しいフィールドいくたびに敵が目に見えて強くなるため、スキルや魔法を出し惜しみすると全滅する場合も。また現地で必ずしもMP回復を販売している人がいるとは限らないため、初めてのフィールドに行くときはいざというときのためにも用意しておこう。
 主人公は魔物の強さに応じて好きな職業でいいが、全体攻撃対策としてPTヒールを使える魔物がいない場合はプリーストを育成しておくとボス戦にも使えるのでかなり楽になる。
 オススメC魔物:ゴブロ、アイスオストロス、ケンタウロス、ノーブルリザード。

Q. 飛竜の谷の敵が強い…対策は?
A. パワーアップ合体をしてスキル2つ以上つけるなど全体火力を上げる
 ペガサスやワイバーン、オークファイターなどとにかくHPが高く、〆の全体攻撃が強烈な魔物ばかり。そのため火力を上げられるだけ上げたほうがいい。敵としてはあれだけ強いペガサスも仲間だとものすごく弱いため、Cクラスの進化もそろそろ限界が見えてくる。そのためパワーアップ合体も積極的に行おう。
 物理攻撃する魔物なら物理攻撃ボーナス、魔法を使う魔物なら水魔法ボーナスなどステータスアップ系のスキルレベルを上げるとかなり違ってくる。また叩を使うならゴブラ、突ならインパルスドライブ(通称インパ)、魔法ならファイアやウォータなどのスキルレベルも上げると火力が増えるため、使う霊魂は計画的に。育成する魔物も厳選し、ムダに霊魂を消費しないよう進化はほどほどに抑えること。
 ゴブロは用意してあると思うので、ゴブロの武器をハルバード系の槍にし、叩のゴブラと突のインパを。ケンタウロス、ノーブルリザードにも同じくハルバード系の槍を装備させ、スキルもゴブロと一緒にすればスキルが2ターン連続で使えるのでかなり楽になるはず。その代わりMP消費も大きいのでMP回復アイテムも必須。
 主人公は谷にパラディンになれるクエストがあるので、それをクリアしてパラディンも育成しておこう。プリーストを育成してあればパラディンになっても回復魔法や棒スキルがあるので戦闘には困らないはず。
 オススメC魔物:ドラゴニュート、ヘルハウンド。

Q. タケゾニア渓谷の敵が強い…対策は?
A. 物理攻撃だけでなく、魔法攻撃も視野にいれること。
 魔法が使える魔物を育成していない人は、おそらく渓谷6以降のタートルで大苦戦or1度は全滅を経験する。タートルは物理防御力がものすごく高く、叩突斬ステータスが200台前半の魔物だとスキル使ってもほとんどダメージを与えられない&HP関係なく時折全体攻撃をしてくるからだ。
 そのため魔法職を育成しよう。もしまだ魔法専門の魔物を持っていないなら古都イスピーナにいる師匠から「師匠からのプレゼント」のクエストをクリアするとエンジェルが1人貰えるので是非ともクエストをクリアしておこう。あとはエンジェルに火や水の魔法と対応する属性ボーナスをつけておくといい。物理職に関しても物理攻撃ボーナスやスキルレベルを上げれば倒せないことはないので、パワーアップ合体はしっかり行おう。
 物理専門の魔物でもステータスが300前後いければタートルも普通に倒せる。…が、渓谷奥のストーンゴーレムがタートル以上に物理防御が高いので、素直に魔法使える魔物を用意したほうがいい。
 主人公に関しては仲間の魔物に魔法キャラがいないならメイジもありだが、なにぶんレンジャー育成しない限り属性魔法ボーナスがないので、(刻印済み指輪を装備しない限り)フレアー覚えるまで戦力は期待できない…。ガーディアンやウォリアー、シーフなど物理攻撃が強い職業のほうが手軽に戦力になれる。
 オススメC魔物:ハイケンタウロス、ハイピクシー。

Q. 火竜の山の敵が強い…対策は?
A. Rも視野にいれること。
 渓谷までCクラスで頑張ってきた人も、さすがにCのみだと限界が見えてくるころかと。
 イスピーナのクエストと隠れアルヴの村でエンジェルとサキュパスを用意、丘にいる真ボスのクエスト報酬などでレア魔石欠片を集めてアークエンジェルとリリムを用意すると断然戦いやすくなる。 ちなみにノイドやメイドはリリムより2倍以上の霊魂を使うわりにはそれほど強くないため、無理して用意しなくてもいい。
 また渓谷でハイケンタウロスの魔石をゲットしてるなら、ハイケンタウロス経由でサテュロス→デュラハンも作るといい。火力と同時に耐久性もバツグンなので、仲間を守る壁役にもなれる。
 火山あたりから防御力が高い敵が増えるため、ゴブラすら大したダメージを与えられない。物理攻撃ボーナスやゴブラのレベルをⅥ以上にするか、新しいスキルを習得するなど、パワーアップ合体も色々工夫するといい。リリムが用意できればクレセントムーンを習得するため、攻撃に幅が広がる。
 火山の敵は文字通り水魔法に弱い敵が多いため、水魔法を使える魔物がいると楽。火山奥には麻痺攻撃を多用する魔物が多いため、HPの残りには注意。麻痺対策にカウンターチェインもオススメ。
 オススメC魔物:ナーガ、デーモン。

Q. 水辺の集落の敵が強い…対策は?
A. 魔法を使う魔物必須。
 水辺入り口のウォータエレメンタル、水辺奥の水亡霊は魔法じゃないとダメージ受けないといえるくらい物理耐性が高いため、魔法を使える魔物がいないとフィールドすら進めない。
 この頃になれば無課金でも期間限定イベント等でRをゲットしてスタメン全員R以上になっていると思うので、Rの魔法も強化しよう。魔法に強くなくても進化すれば習得する魔物もいるため、R育成も計画的に。水辺だから水魔法に強い…と思いがちだが、どの敵も存外水でも結構通るので、ウォータでも大丈夫。(理想は火)
 また水辺奥のゾンビファイター、ゾンビアーチャーはよく麻痺攻撃や全体攻撃を仕掛けてくるためかなり強敵。水辺奥きたばかりのメンバーでも時折全滅するので、水亡霊とのトリオで出た場合はゾンビアーチャ→ゾンビファイター→水亡霊の順番で倒そう。ゾンビアーチャーは物理耐性が高いので、魔法で攻撃するほうが楽。水亡霊も4ターン目で全体攻撃をしてくるか、それまではまったく攻撃してこないので倒すのは最後でいい。
 水辺あたりからRやSRのランクアップも視野にいれておこう。じゃないと次の砂漠奥で苦戦するハメに。
 オススメC魔物:ゴブリンナイト。

Q. 鉄と汗の砂漠の敵が強い…対策は?
A. 風魔法は通らないので魔法を使うなら火か水を。
 水辺奥がいければ砂漠入り口までなら問題なくいける。グリフォンが少々強いのでグリフォンを1ターンで一気に叩きのめせるように。
 ただし砂漠奥から断然レベルが変わる。どの敵もHP1000超えが普通なのが3匹、蛇ですら物理防御がめっさ高い、全体攻撃は勿論、複数の麻痺攻撃、毒ダメージが85など中ボスかよ!と言わんばかりの化け物級の雑魚敵が多いため、場合によっては微課金者ですら苦戦する場所。マミーの毒はきついが、できれば1ターンでマミーを速攻倒せるくらいの火力をつけたい。そしてこちらは☆2までランクアップしたR以上の魔物を用意しておきたいところ。勿論攻撃スキルもゴブラやインパだけでなく、トライファングなどの強スキルや魔法の各属性ピラーもレベルを上げておきたい。某掲示板でも砂漠奥はCクラスはもはや戦力外らしい。
 そして遺跡はグローリーの雑魚敵よりも強い敵がいる。デザートスケルトン、マミー、ウィンドエレメンタルのトリオは砂漠では最強の雑魚敵集団で、HPが削りきれず全体攻撃くらってあっさり全滅…なんて場合も。だがこれを乗り越えないとメインストーリーのボスが討伐できないため、育成にプレイヤーの愛と根性が試される。
 オススメC魔物:砂漠以降はなし。

Q. グローリーの敵が強い…対策は?
A. 砂漠奥や遺跡がいければグローリーB1もさほど問題なし。
 ただし呪全体攻撃が強烈なため、呪防具を装備していないガーディアン主人公では死亡する場合も。慣れないうちは後列パラディンでいったほうが安全。
 グローリーB2の雑魚敵はHP1500前後が平均…。できればRも☆3を用意しておきたい。フランケンの全体攻撃はHPがMAXでも一気に赤字となれるくらい強烈なので、HPピンチにさせないよう1ターンで倒そう。ここまで来ると麻痺=全滅にもなるので、麻痺攻撃をする魔物は真っ先に倒すべし。またB2から特定の耐性が非常に高いという敵も出る。スウォームは突耐性が非常に高く(突480の通常攻撃ですら0ダメージ…)、倒すなら魔法か斬攻撃がオススメ。人魂は炎魔法がまったくというほど効かない。
 グローリーB3は基本グローリーB2に出てくる強敵メンバー(フランケン、人魂、ファントムなどのHP高いトリオ)を問題なく処理できれば十分回れる。B2の強敵メンバーが常に出てくるという感じのマップで、B2が問題ないならゴーストロードやバジリスク、ウィスプも1ターンで処理可能。

Q. ミート湖の敵が強い…対策は?
A. 貫通倍率が高いスキルや魔法を持っていくこと。
 ミート湖入り口の敵の攻撃力は全体攻撃する敵が少なく、火力もグローリーの敵並なので大したことはない。…が、HPや防御力がグローリーB3の敵と比べ高いため討伐するのに時間がかかる。そのため貫通倍率が高いスキルや魔法をできるだけ習得、強化しておこう。叩スキルもゴブラではなく貫通倍率高いダブルストライクの習得、強化を目指そう。
 ミート湖奥の敵は入り口に比べ攻撃力が高くなっているのでHPに注意。セイリンアリゲータは単発も全体もダメージが高いので、戦闘開始速攻1ターンで倒せるように。セイリンアリゲータとアナンタ2匹の戦闘では1人に集中攻撃されるとHP満タンでも即死するほどの強さなので、メンバーのスキルレベルをあげて敵を速攻で倒せるようにしておこう。ここまで来ればバーサク狩りはそれなりに強くないともはや自殺行為なので無課金者は素直に攻撃スキルや魔法で敵を倒そう。
 主人公に関してもメイジを育成してフレアーのレベルを上げておくと、他職でも炎300程度確保できればそれなりのダメージを出せる。小剣スキルや大剣スキル、槍スキルなど貫通倍率高いスキルとフレアーを併用して敵を倒そう。



■レギオン、助っ人編
Q. レギオン組んでるときに出てくる魔物ってどう選択されるの?
A. 主人公の両サイド(2番目3番目)にいる魔物がレギオン戦に参戦できる。
 特に助っ人などで参加する際はメンバーを確認しましょう。

Q. 何人組めるの?
A. 最大10人です。
 ただし一部のボスは参加者が最大3人まで、5人まで、6人までだったり、ソロ専用というボスもいます。

参考:アルフヘイムの魔物使い みんなで攻略Wiki:BOSS

Q. 助っ人が見えないんだけど…
A. 行動力が少ないか、今の主人公の職業が参加可能な下限レベルに達していないか、BL(ブロックリスト)に入れられているか。
 行動力を使いすぎると助っ人が見えません。(例:行動力1しかない場合、必要な行動力2以上の助っ人は見えない)
 また参加可能レベルに達していないと助っ人は表示されず、またレギオンでもボスに参加できません。レベリングをするか、すでに下限レベルに達している職業に転職しましょう。
 上記にも当てはまらない場合は助っ人の主催者からBL(ブロックリスト)入りされている可能性があります。そのときはもうどうしようもないので諦めましょう。

Q. 助っ人やレギオン急募で募集されていないのに、緑ログが流れるときって、自分はBLに入れられているの?
A. そもそもレギオンや助っ人を出すことなくソロで倒している人もいます。
 緑ログとはシステムログに「○○がシェーシャを召喚しました。」や「○○[無所属]が暴食の魔王を倒しました。」、「場所: タケゾニア渓谷奥2(推奨レベル:40~)で、敵: 渓谷の夢魔が出現しました(18:00 - 21:00)」といったシステム関連のログ(文字が緑色)のことを指します。
 基本、システムログに流れるボスはレギオン推奨の強ボスですが、課金したりRやSRをランクアップさせたりと強化をしている人ならばソロでも討伐できてしまうボスもあります。そのためレギオン急募や助っ人を逐一見てるのに募集がなく、ボス討伐の緑ログが流れたからといってBL入れられてるとは限りません。

Q. ボスに参加したいのに供物がない…募集で「助っ人出してください」ってお願いするのは変?
A. 寄生と思われるのでBLされる可能性が高いです。速攻やめましょう。
 ボスに参加したいのに供物がない場合は助っ人が出てくるまでひたすら待つか、自力で集めるか、それが無理なら次回まで参加諦めましょう。
 貴方以外のキャラクターは都合の良いNPCではありません!貴方と同じ人間です。NPC扱いは決してしないように。

Q. ボスに参加している人の職業が皆パラディンかガーディアンばっかりなんだけど…
A. 防御力の関係上、パラディンかガーディアンでないと主人公のボス戦の死亡率が非常に高いのです…。
 主人公は現時点で唯一のオールヒール持ち、SRのジウリールがいない場合は唯一のリザレクション持ちといった万能キャラですが、その分仲間の魔物よりヘイトを集めやすく死亡率も高いです。
 魔物と違ってパワーアップ合体でステータスアップができない(種か熟練度で上げるしかない)ため攻撃力どころか防御力が魔物より大変低く、強化ができてない始めのうちは下位ボスであっても防御力が高いガーディアンかパラディンでのボス参加を推奨します。
 一人でも死亡するとその分他のパーティの負担があがり(特に5人や6人などの少人数ボスは負担大)、全滅すれば参加者全員の行動力、主催者の召喚用のアイテムや魔石がムダになるため大変嫌がれます。できるだけ死なないよう、注意したいものです。

Q. ボス戦にはどんなスキルをセットすればいい?
A. 魔法の場合、魔物は最低1匹には回復魔法、主人公はオールヒール、リジェネ、リザレクション(or各カーテン)をセットするのが無難。スキルはボスの弱点攻撃スキル、ガード系スキル、単体麻痺の場合はカウンターチェインなど
 基本は弱点をついた攻撃をすればいいと思います。参加する魔物は種類によって得意分野が違うのでボスに応じて変えてください。
 主人公は31Lvまでプリーストを育成しておくと上記の魔法を覚えるのでレギオン戦でのサポートが万能になります。プリーストは早い段階で育成しておきましょう。(カーテンはバードが習得する)
 単体麻痺攻撃するボスにはカウンターチェインが有効です(反撃で麻痺を解除できるため)。ただしランダム(対象が2人以上の)攻撃麻痺や全体麻痺にはカウンターチェインは効果ないので(反撃不可能)、単体攻撃麻痺がない場合はカウンターチェインはなくても可。ただしランダム攻撃でも1回しか攻撃してこない場合は単体攻撃となり反撃できるので、カウンターチェインでの麻痺解除は可能。
 森の樹精王などは毒攻撃をしてくるのでキュアポイズンも。主人公の魔法枠は上記でカツカツになるので、できれば魔物にキュアポイズンを覚えるマーメイドを与えたいところ。
 キュアポイズンが用意できない場合、毒消しは谷奥の釣り場でしか材料を手にいれられないので始めはバザーで買うしかありません。

Q. 自分の今の力でどんなボスに参加できるのかわからない…。
A. wikiの各ボス項目に参加基準が載っています。載ってない場合は動画などから参考に。
 あくまで掲載されているのはステータスのみです。スキルや魔法の習得だけでなく強化してあることは大前提なので、ステータスだけに固執してスキルや魔法のレベルをまったく上げてないなんてことがないように。ボスが強くなればなるほど、ステータスだけでなくスキルや魔法のレベルが高くないと戦力になれません。
 助っ人は呼んで字のごとく助ける人です。主催でもないのに助ける人が助けられる人にならないよう、主人公や魔物はしっかりレベリングや強化をして強くしておきましょう。

Q. 参加人数10人のボスで注意することは?
A. 10人ボスの場合、基本は攻撃スキルを放ち終えれば速攻待機してOK。(毒や麻痺の場合は別)
 参加可能人数関係なく共通するべきは前線はかならず3人出てること。そして5人以上10人以下のボスに共通するのは始終前に居座らないこと、始終待機しないこと。
 10人の場合は誰かしら参加ボタンを押してるのでスキルを放ち終えれば前に居座らずに待機しましょう。待機中もずっと待機はせず、ある程度攻撃スキルを放てるようになれば参戦ボタンを押して出入りする練習をしましょう。
 たとえ自分が参戦しなくてもボスが速攻倒されそうな状態だったとしても1回も参戦ボタンを押さない人は論外です。参戦ボタンを押さない状態を常習すると戦う気がない=寄生と思われBL入りされ、2度とボス参戦できない可能性が高くなります。どんなボスでも参戦ボタンを押してしっかり前に出て戦いましょう。

Q. 参加人数5人、6人のボスで注意することは?
A. 参戦者がいない限り放てるスキルがなくても待機しないこと。適正レベルでも防御力がないなら参加しないこと。
 5人や6人ボスの場合、ボスの攻撃に2回程度は耐えられる強さが必要です。なぜならば毎ターン必ずしも参戦表明している人がいるとは限らないのです。参戦表明している人がいない場合は待機してはいけません。待機中の人はたとえスキルがCT中でもあまり待機せず、早め早めに参戦ボタンを押すようにしましょう。
 また助っ人参加の場合、参加バグなどでただでさえ人数少ないのにそこからまた欠員がでる場合もあります。(5人ボスを4人で倒さねばならない時などたまにあります)それもあり、定員が5人や6人の場合はボスの攻撃にある程度耐えられる強さであること、火力もwikiにある最低基準をクリアすることは勿論のこと、できる限りスキルや魔法のレベルを上げないとあっさり全滅して召喚アイテムや行動力を無駄にすることもよくあるので注意を。

Q. 参加人数3人のボスで注意することは?
A. 待機ができないので、対策は万全にすること。
 参加可能人数が3人ならば待機すらできない(やったら確実にBLされます)ので、防御力を万全にするのは無論のこと、wikiや動画サイトでボスの動きを見て対策を万全にしてから挑みたいものです。

Q. 他にレギオン戦中に注意することは?
A. ヘイトはほどほどに集める、毒や麻痺喰らった状態で待機ボタンを押さないなど
 火力がある人にヘイトが集まりやすく、その分火力がある人ほど死亡しやすいシステムになっています。
 火力ある人が死んだらそれこそパーティ全滅する可能性があるので、火力で貢献できないと感じたら回復魔法をかけるなりして回復でヘイトを集めてボスの攻撃を分散させましょう。(PTヒールやオールヒールなどが集めやすい)ただし集めすぎると今度はこちらが集中砲火をあびるため、よくよく状況を見極めましょう。
 毒持ちの状態で待機してしまうと治さない限り待機中ずーっと毒ダメージを食らう→死亡という例をしょっちゅう見かけます。そのため毒持ちのボスのときはボスの行動が終わってから退避ボタンを押すようにしましょう。また毒が治ってないからとずっと前線に出てるのは他の人が参加できず、ボス討伐に時間がかかるため大変嫌われる行為です。毒消し、キュアポイズンは必ず用意して毒を自力で治せるようにしましょう。
 麻痺も同様、麻痺状態で待機してしまうと次に前に出たときに麻痺で1ターン動けないという状態になってしまいます。そのため単体麻痺ならカウンターチェインで対処、全体麻痺を喰らった場合は体力に余裕がある場合は待機せず麻痺解除するまで1ターン様子を見ましょう。ただし全体ダメージ食らった状態で回復できないまま攻撃を受けるので、ある程度の耐久力がないと死亡確実なので注意(雪の堕天使など)。
 また全体麻痺でも真・乾いた大地の樹霊の場合は交互にスタンや毒などをかけてくる場合があるので、前列で麻痺解除を待っているとそのまま全滅する可能性も。麻痺状態で体力がある状態でも、状況を見極めながら交代するといいかと。

Q. 助っ人やレギオンに参加するときは、参加しない4番目、5番目は空欄にしなければいけないの?
A. 空欄にする必要はなく、魔物がいても問題ありません。
 単にレギオンや助っ人に参加できないだけで、レギが解散(助っ人ならば戦闘が終了)すれば4番目5番目はちゃんと戦闘にも出現します。

Q. 助っ人出したいのに助っ人ボタンがない!
A. 助っ人不可能なボスもいます。
 ソロ専用は無理ですが、助っ人不可能なボスでもレギオンならば可能というボスもいます。
 その場合は倒したいボス名を明記してレギオン急募で募集をかけましょう。

Q. 助っ人出したのになかなか人がこない!
A. 友情ポイントが入らないボスはなかなか人が集まりません。
 ボスの中には友情ポイントが入らないボスがいます。
 その場合ドロップ品も手に入るかわからない&大切な行動力が削られる助っ人は参加者にとってメリットがほとんどなく、人が多い時間帯でも1人もこないというのがよくあります。
 そんなときは募集欄で「○○の助っ人を出しています。参加よろしくお願いします。」など、声かけをすれば少しは人が集まるかもしれません。それでも集まらない場合は、同じ場所で開催される曜日ボスの時間前後に助っ人を出すと(行動力0のため)満員になりやすいです。ただし曜日ボスの開始時間直後に助っ人を出すと間違って入って来る人多数のため、できれば曜日ボス開始1分前から開始後15分くらいは助っ人出すのを控えましょう。

Q. 助っ人出して満員になったから開始ボタン押して戦闘入ったら、参戦してこない人がいる!
A. 助っ人満員になっても5秒ほどは開始ボタン押さないように!
 上記にも書いたように、助っ人出した時間が曜日ボスの時間帯の場合、参加したいボスと間違って入ってくる人が大勢います。そのためできれば助っ人を出す時間をずらすこと、それが無理であれば満員になってから5秒ほどは開始ボタンを押さないようにしましょう。5秒もあれば間違って入ってきた人は大抵抜けてくれます。
 5秒ほど待っても誰も抜ける気配がない場合は開始ボタンを押しましょう。ただし開始ボタン押しても参戦者が欠けている場合もあります。理由としては「参戦ボタン押したのに『参加できませんでした』と表示され参戦できなかった」場合です。プログラムのバグによる参戦不可は時間帯関係なく誰でも起こることなので、1回だけ参戦されなかったからといってすぐBL入りするのは控えましょう。ただし同じ人が何度も参戦しない場合はバグではなく故意に参戦しない可能性もあるので、そういう人がいる場合は各自の判断でBLに入れてください。

■ブロックリスト(通称BL)編
Q. BLって何?
A. 登録した人と自分を極力関わらせなくする機能。
 機能は以下の2点。
 ・登録した相手のチャットが見えなくなる(助っ人参加後の助っ人一覧からも消える)
 ・登録した相手が自分の助っ人やレギオン急募、バトル乱入に参加できなくなる。
 BLされた側がBLした側のチャットは見える、キャラ同士は見える、バザー売買、メールやりとりはできます。

Q. BL入れられたかどうかってわかるの?
A. 基本はわかりませんが、ある程度予測をつけることは可能です。
 たとえば募集チャットで「○○の助っ人出します」と宣言されたので助っ人欄見てたが全然出てこない…なんて場合はBL登録されている可能性があります。
 ただしBLされてなくても「レベル制限で見えない」「宣言しただけで助っ人出してない」「バグで見えない(画面更新すると直ります)」「助っ人欄を見る前に速攻埋まって助っ人が消える(つまり見えなかった)」…なんて場合もあるので、確実な方法ではありません。
 あとはチャットが見えないので、チャットで話かけても全部スルーされる…など。ワールドチャットを見ていればわかるかと…。

Q. 助っ人に入ったら自分がBL登録してる人がいる…
A. 嫌であれば自分が主催するしかありません。

Q. BLに入れられやすい条件って?
A. 多いので以下参考。
 BLに高確率で入れられやすいのは以下の点。
 ・ワールドチャットや募集チャットで不愉快な発言をしている。
  (アルフヘイムとは関係ない話題、募集チャットで雑談、下ネタ、言い争いなど)
 ・助っ人やレギオン戦のボス戦にどう見ても戦力にならない魔物を2番目、3番目につれている。
 ・主人公しか参加していない、魔物が1匹しかいない。(どんなに強くても印象が悪すぎる)
 ・ボス戦に参加する主人公が紙装甲(物理防御力、または魔法防御力がない)
 ・「助っ人を出してください」と、ボス召喚用の供物を自分が用意せず他力本願でお願いする。
 ボスが強くなってくると、全滅にも直結するので以下の条件でもBLに入れられやすい。
 ・主人公がオールヒールを持っていない、持ってても回復量が低い。(仲間を支援する気がないと見られやすい)
  →個人的な意見だがクエ報酬がレア魔石欠片のボスはオルヒ回復60ほど、高純度は80~90は最低限欲しいところ。
   高純度よりも強いボスはオルヒ3桁あるとよい。  
 ・毒持ちのボス相手に毒対策を行っていない。(キュアポイズン(またはPTキュア)や毒消しを持っていない)
 ・戦闘中ずっと前に出続ける、または前に出てこない。(前者はボス討伐の効率が悪く、後者は寄生とみなされる)
 ・みんなのwikiにある参加基準の強さを満たしていない,ステータスは満たしてもスキルや魔法を強化していない。
  (ボス討伐に時間がかかる、最悪全滅に繋がるため高LvなボスほどBLする確率が高い)
 …など。
 上記の条件を満たすと助っ人やレギオン募集が見えなくなりゲームが進められなくなり引退せざるをえない状況になります。長くアルフヘイムをプレイできるよう、極力注意しましょう。
 ただし上記の条件はレベルカンストや装備の緩和、また個々の判断にも変わるのでBL入れる基準はあくまでそれぞれ個々の判断によります。

Q. ワールドチャットを見ていると、戦力になりそうにもない人が強いボスにバンバン参加しているようだけど…。
A. 魔狼王などの下位ボスならば問題ありません。ですが5人や6人参加制限のボスや参加Lv35以上の強いボスではアウトです。
 基準となるのは戦力にならない人が何人いると全滅しやすいかどうか
 下位ボスならば強い人が少数でも速攻倒せるのでまずBL入れられることはありません。レギオン戦の練習のためにも魔狼王、魔馬王、翼の蛇王などは参加可能レベルになったらどんどん参加しましょう。
 ですが谷の竜人王などは谷に来たばかりのメンバーでは廃課金して相当スキル強化してない限り、水魔法がないならばSRでも戦力になりません。ましてや5人や6人制限のボス、10人ボスでも渓谷の貴族などはしっかり強化して対策もしていないと全滅する可能性もあるのです。いくら経験値が減らないとはいえ、稀少な魔石や行動力を無駄に消費したいと思いますか?誰も思いませんよね。だから全滅を防ぐためにもBLに入れるのです。特に強ければ強いボスほど嫌でもその傾向が高くなります。(残念ながら廃課金しないと倒せないボスが度々実装されるので仕様なのです)
 ワールドチャットで回答されるボスの参加基準ではまったく戦力にならない場合もあるので注意が必要です。参加基準はwikiにもちゃんと書いてあります(ただし最低限であり、戦力になれる数値ではないので注意)。また動画を見れば自分のパーティがボスの攻撃に耐え切れるかどうかも確認できます。事前にそれらを確認の上、いけると思ったら参加してみましょう。

Q. …BL怖くてボス戦参加できない…。
A. 初めてのボスはwikiを見たり動画サイトを見たりするなど、自分のPTが戦力になるか確認してから参加すればそうそうにBLに入れられることはありません。
 自分のPTがどれだけ強いか、どのボスまでなら参加できるか、きちんと把握してボスに有用なスキル等対策をしていけば問題ありません。wikiでボスの弱点や参加できるステータスの確認、動画でボスの動きを見たり自分のPTならどう動けばいいのかを把握しておけば初参加のボス戦でも問題なく動けると思います。
 主人公のレベルが届いてるからと、やたら無闇に色々なボスに参加するのはよくありません。ボスの中には課金を沢山してスキルも相当強化してる人でも苦戦するボスもいるのです。そういったボスに中途半端に強化した魔物で参加したり下手な立ち回りをすると全滅に直結するので、そういった事故を防ぐため仕方なくBLいれる人もいます。つまり今の自分に合った強さのボスのみ参加、ボスの弱点をついた立ち回りをしていればBL入れられることはそうそうありません。強いボスに参加したいなら討伐できるくらいに強くなった後に参加すればいいのです。(真・魔馬王など真がつくボスは魔馬王をソロで倒せたら参加するなど)さっさと色々なボスに参加したいならその分沢山課金してパワーアップ合体しまくるしかありません。課金したくないのであれば、行けるボスは自分が倒せる範囲のみにするよう、行動範囲はある程度妥協しましょう。廃課金じゃないと倒せないボスがいても、レベルやランクアップのキャップ解放、新しい魔物や武具の登場でいつかは無微課金でも倒せるようになるので、それまでゆっくり待ちましょう。
 ボスの参加条件である主人公のレベルは絶対信じてはいけません。ボスが倒せるかどうかは連れている魔物次第、立ち回り次第なのです。



■友情ポイント編

Q. 友情ポイントの見方がわからないんだけど…。
A. 友情ポイント枠は左から「ゲーム開始時から今まで取得した友情ポイントの総数-使用した友情ポイント数」(「今の週で取得したポイント数」/「1週間で取得できるポイントの最大数」)
 現時点では1週間に20ptまでしか集めることができません。月曜日の午前4時になるまでに20pt貯めておきましょう。

Q. 集めた友情ポイントは翌週に持ち越しできないの?
A. 持ち越し可能です。
 特に使い道が決まってない場合は使い道が決まるまでそのまま貯め続けるのも手です。

Q. 設定→助っ人募集対象の「レギオンメンバーのみ」に設定されている場合、助っ人出しても友情ポイントは入らないの?
A. 入りません。助っ人募集対象が「誰でも」の場合のみ、友情ポイントが入ります。
 レギオン戦でよく主催する人は特に注意を。

Q. 友情ポイントは何と交換すればいいの?
A. 無微課金でパワーアップ合体用の魔物不足の場合は地魔石。課金したりして魔物が不足してなければ種。どうしても魔石が欲しいなら彫像
 基本は自分が欲しいものを選ぶといいです。どうしても決まらない場合は持ち越し可能なので使わずにとっておくというのも手。
 ただし彫像に関しては運次第ですが魔石を貰わずに破壊する場合が多いので、個人的にはオススメしません…。



■職業編

Q. ○○の証を手にいれたんだけど、すぐ転職しても良い?
A. 転職しても問題ありません。
 ゲーム開始時から育成していた職業の証はゲーム開始時から持っているので、他の職業の証をゲットしたら遠慮なく転職しよう。
 昔はゲーム開始時からの職業の証も自力で取りにいかないといけなかったので、それを知らない初心者がうっかり転職して(元のレベル高い職業に戻れなくて)悲鳴上げる人が毎月若干数いた模様…。

Q. ○○の証は1回転職したら消える?
A. 消えません。永久的に使えます。
 なりたい職業の証を手にいれたら遠慮なく転職しよう。
 狩場やボスに合わせて何度も職業を変えながらゲームを楽しんでください。

Q. 育成するべき職業って?
A. プリースト、パラディン、ガーディアン。次はバードなど
 下記にざっとまとめてみた。(優先順位はあくまで私個人の評価です。参考程度にお願いします。)
 優先順位「高」
 プリースト:オールヒールⅤを覚える31Lvまでは最優先。以降もPTヒールがⅥになる40Lvまでは優先的に育成を。61Lv以降からPTヒールやオールヒールのレベルが上がるが、それまでの41~60Lvは他職と被ったり余り使う機会がないスキルが多いので他に上げたい職があれば後回しでも。物理攻撃力も魔法攻撃力もあまり高くないため、魔物が強くないと育成が辛い。メイジを育成してフレアーを覚えておくと雑魚戦ならロッド装備でも多少戦力になれる。物理攻撃に弱いため、ボス戦は防御力もあってプリーストの次に回復力があるパラディンに存在感を譲る形に。

 ガーディアン:斬突叩のダメージを減らせるガード系スキルを一通り覚える37Lvまでは必須。物理防御力とHPが一番高いのでボス戦では参加率が一番高い(次点でパラディン)。ただし魔法防御力がないため(属性防具を装備しない限り)攻撃魔法を多用するボスには辛い。また棒が装備できても(種を使わない限り)知力がないためロッドが装備できない。そのため知力が低いうちはボス次第でパラディンと交互に使いこなすほうが無難。逆に種を使えばロッドが装備でき回復量も増える、また属性防具を装備すれば魔法耐性も上げられるため、後半になればなるほどパラディンよりガーディアンでボス戦に参加する人が多い。
 ケイロンやシェーシャなど壁役となれる魔物を持っていない場合、ステータスや熟練度を上げてガチガチに固めたガーディアン主人公をソロボス戦の壁役にする人もいる。壁役にする場合はPTヒールやオールヒールをCT毎に使うとよほど回復値が低くない限りは主人公にヘイト固定できる。

 パラディン:ガーディアンの次に物理防御力が高く、魔法防御力や回復力まで高い万能職。こちらも魔法耐性が上がるためボス対策用にレベリングしておきたいところ。筋力だけでなく知力も多くロッドが装備できるため回復量も多い。だがパラディン自体回復魔法は覚えないため、事前にプリーストを育成しておかないと剣スキルが使える器用貧乏な職と化す。またホーリーリングや属性防具の登場によりガーディアンよりHPも物理耐性も低いパラディンに拘る必要がなくなってしまったため、後半になればなるほどボス戦ではガーディアンに存在感を奪われている。

 バード:魔法ダメージを減らすカーテンを覚えるため、廃課金してサテュロス量産でもしない限りは30Lvまでレベリング必須。以降も攻撃魔法の魔物がいる場合はフォースもあると世界が変わる。戦闘後MP回復も一番早く習得、リジェネⅧを覚えるなどサポート面では万全の職。ただし攻撃系スキルはないため、魔物が強くないと育成が辛い。攻撃スキルを確保するため、事前にシーフ(小剣)かガーディアン(槍)の育成をオススメする。

 優先順位「中」
 シーフ:ドロップアップ効果あり。強化材料や魔石集めしたいならオススメ。期間限定のイベント期間中は(アイテム収集に)大活躍するため最低でも30Lvか40Lvほど育成しておくと便利。ただし小盾を装備しても耐久が高くないため、ドロップ狙いのために身の丈以上のボスにシーフで参加する人もちらほら見られ、案の定ボス中に死ぬ人が多い職業でもある。
 小剣は多段スキルばかりなので、防御力があるボス戦では火力があまりでなかった…が、その後のアップデートで小剣スキルが強化され、防御力が低い雑魚敵やボスならば職業トップな火力を発揮できるように。ただしダンシングエッジの2発目以降の火力は相変わらず弱く、防御力が高い敵はキリングダンスしか高ダメージが出せないのが難点。

 優先順位「低」
 ウォリアー:多彩な攻撃スキルと物理攻撃ボーナスⅩⅢ(13)は魅力。大剣装備しても斬ステータスはランクアップしたエンプーサに劣るものの、クレセントムーンや地走りまで習得できるため火力はそれなりに高い。ただし重鎧は装備できても盾が装備できないため魔法防御は無論のこと、物理防御力も心もとない。

 メイジ:攻撃魔法のプロ。フレアー覚えれば世界が変わる。事前にバード育成して各フォース使えば高ダメージも期待できる。渓谷から物理防御が高い敵が出てくるため、仲間の魔物に攻撃魔法職がいないなら育成しておくのもあり。ただしメイジでのレギオンや助っ人参加は主人公の魔法枠がリザやオルヒなどの回復系で埋まり、尚且つ布装備なため物理防御力がないこともあり、下位ボスでもない限り非常に厳しい状況。

 ファイター:ヴォーパルブレード、インパルスドライブ、ヴォーパルストライクという武器に頼らないスキルをⅥにできる唯一の職。だがそれ以降覚えるスキルがガーディアンやパラディンといった、ファイターより先に育成済みになりそうな職業が習得してしまう。またクレセントムーンⅥや物理攻撃ボーナスもウォリアーのほうが早く習得できるため、後回しにすればするほど育成する意味がない可哀想な職…だったが、60Lvを超えて剣スキル最強の剣閃をⅦ以上に、クロスブレイクも習得できるようになった。…どちらにしろそこに達するまでが(習得するものが他職と全部被るため)辛い。

 レンジャー:クリティカルボーナスや風魔法ボーナスを覚える唯一の職。メイジを使うなら風魔法ボーナス目当てでレンジャー育成もありだが、物理職にはクリティカルボーナスを入れるスキル枠の余裕はない。エンカウント率ダウンはバードで習得できる上、探索のしやすさなんてwikiを見れば不要。風魔法を習得するがメイジとことごとく被る悲劇。後列から攻撃できる弓スキルもレンジャーのみしか装備できないため汎用性がない。レンジャーのみ使用できるテントを使えば安価で狩場に長居できる、ランダム探索の探索場所が発見しやすい…の、2点しか目だったメリットがない。
 風+他属性の2色メイジをやるということでもない限り、レンジャー育成は後回し推奨。

 シャーマン:スタンやスタンクラウドといった麻痺効果は便利。昔はスタンが効くボスはほとんどいなかったが、現在ではスタンが効くボスがちらほら出始めたため、スタンクラウドⅠを覚える41Lvまで育成するのもあり。
 回復系MP20%節約があっても肝心の回復量はパラディンより少ない。尚且つメイジより攻撃魔法が弱いのに呪魔法は攻撃魔法の中では最弱という魔法系器用貧乏不遇職。魔法職なのに棒が装備できないのが不運のつき(61Lvから装備可能だが棒1…)。あまりにも人気がなかったからか、後付に毒や麻痺のかかりにくさも実装されたが盾が装備できず物理防御力はそれほど高くないため肝心のボス戦で参加が厳しくやはり不遇。だが66Lvから水魔法のアクアヴォルテクスを習得し始めたため、メイジで水魔法を使うならシャーマンも育成しておきたいところ。

 

■魔物編

Q. 霊魂はどうやって貯めるの?
A. 世界樹の苗(1本あたり6時間おきに2個)、クエスト景品、フィールドの宝箱、図鑑、天の魔石や虹の魔石で召喚した時、街から受けられる霊魂デイリークエスト
 世界樹の苗はクエストすすめていくと貰えます。
 (現時点で最大6本。丘奥、山脈、火山入り口、水辺奥、グローリーB2、ミート湖奥)
 図鑑は画面右下にあり、それぞれの魔物をクリックすると書いてある「目標討伐数」に到達すると霊魂が取れるボタンが表示されるので、そのボタンを押すともらえます。ボタンをクリックしない限りは貰えないので、とり忘れに注意。
 天の魔石や虹の魔石で魔物を召喚した時にも1回の召喚につき2個、霊魂がもらえます。地の魔石や魔石召喚で召喚した場合はもらえません。

Q. 世界樹の苗からの霊魂は早めに回収するべき?
A. 1本につき5日分(40個)しか溜め込めないため、回収できるときはさっさと回収するべし
 ログインしたら真っ先に世界樹から霊魂を回収するようにしましょう。

Q. 進化させるときのレベルは5?それともレベルを上げられるだけ上げたほうがいい?
A. 必要以上にレベリングせず、できるだけ5Lvで進化させること。
 進化させるとレベリングであげてきたステータスの大半は無駄になるので、進化する予定の魔物はできるだけ低Lvのうちに進化させましょう。
 ただしSRやRのランクアップに関しては経験値引継ぎが可能なので、この限りではありません。

Q. 自宅の庭に出てる魔物と画面下の一覧にいる魔物を入れ替えしたいんだけど…
A. 庭にいる魔物を一覧にドラック→一覧から出したい魔物を庭にドラック
 庭には最大15匹までしか出せないのでこの方法で入れ替えします。
 ちなみに置物も同じ方法で出し入れできます。ただし世界樹の苗や彫像など、アイテムがもらえる置物に関しては一覧に戻すとせっかく経過した時間も0になってしまうので、置物を入れ替えする際はご注意を。

Q. 無課金だけどそろそろCクラスの魔物のみでは限界…。Rは何から準備すればいい?
A. 無課金でRを作る場合はまずアークエンジェルとリリムが(早めにゲット可能なので)オススメ。余裕があればデュラハンも。
 課金しない場合は基本Cクラスの魔物で物語を進めていくことになるが、Cクラスだけだと早ければ山脈、遅くても渓谷あたりで限界を感じ始めるはず。
 そのときは森奥からいけるアルヴ村でそれぞれサキュバスの魔石が販売されているので、それを3つ購入、霊魂を250個貯めてサキュバスを召喚するといい。エンジェルに関してはイスピーナのNPC師匠から受けるクエストで1人ゲット可能。それぞれレベリングして強くなったら丘の真ボスなどを討伐してレア魔石欠片を集め、エンジェルはアークエンジェル、サキュバスはリリムに進化させるのがベスト。
 アークエンジェルは斬スキル持ちで杖も盾も装備でき、回復が高ければ魔法もRの中では高いため、どこでも万能に使える。リリムは斬ステータスのみSRのエムプーサとさほど変わらなく、グレードソード系の大剣を装備すれば斬だけでなく叩も使えるため、Rの物理攻撃では優秀クラス。
 渓谷までいって丘の真ボスも参加できる強さがあるならデュラハンもオススメ。ウォーホースからハイケンタウロスまで進化させたあとにRサテュロス→Rデュラハンへ。ハイケンタも経由するのはレイジドライブという攻撃スキルを習得するため。
 デュラハンはMPと素早さこそ低いものの、HPの高さと防御力、魔法防御の低さは騎士盾や属性防具装備すれば十分カバー可能、回復もそれなりにこなせるので立派な壁役にもなれる。スキルもハルバード系の槍を装備すれば突だけでなく叩も使えるので、習得できるスキルも豊富なのが魅力。

Q. R魔物の直接召喚って値段も霊魂もかかりすぎ…レア進化狙いじゃダメ?
A. 自分のリアルラックが高いと思うならレア進化狙いもあり。
 ただしレア進化の確率が10%前後な上に、魔石が集めにくい、貴種や樹精といった金のかかる秘石も必要なため、個人的にはレア進化狙いではなく直接召喚するのがオススメ。運が悪いと霊魂250個以上消費してもレア進化しない!…なんて不運なことにもなりかねないので…餌にはなるけど。

Q. エンジェルもサキュバスも魔法はあるけどスキルは1個もないのが辛い…
A. パワーアップ合体で覚えてないスキルを習得させるといい
 サキュパスの場合、グレードソード系を装備すれば斬だけでなく叩も伸びるため、ゴブリン系とパワーアップ合体させてゴブリンラッシュを覚えさせるといい。リリムになれば斬スキルのクレセントムーンを覚えるため、それまで頑張って育成しよう。
 エンジェルの場合は回復が高いので基本ロッド装備だが、ロッドだと叩はそれほど伸びないためスキル習得はあまりオススメしない。各魔法が強いので、ラミアを餌にしてウォータと水魔法ボーナスを習得させて魔法で攻撃するのがオススメ。

Q. レギオン戦は2匹しか参加できないなら、2匹だけ強くしておけば3匹目以降は育成しなくてもいい?
A. 初めのうちはそれでもいいですが、後半になると耐性ボスが増えるため2匹のみ育成はオススメできません。
 初めのうちはボスでも特に弱点もなければ耐性もないため、どの攻撃方法でもダメージを与えることができます。ただし後半になってくると「弱点以外はスキル使っても100ダメージもいかない」といった極端なボスも出てくるため、できる限りそれぞれの特性に強い魔物を何種類か育成しておく必要があります。また鬼集落のボスはソロ専用のため、物理攻撃だけでなく魔法攻撃も使える魔物も何匹か育成しないと全てのボス制覇は不可能です。
 とはいえ無微課金だとなかなか幅広く魔物を育成するのは大変です。そのためできる限り早めにRやSRを用意し、各魔物に見合ったスキルを強化しておきましょう。リリムのように斬だけでなく叩も使える、アークエンジェルのように斬だけでなく魔法も使えるといった複数の攻撃方法が使える魔物がいると育成する魔物の数を絞ることができます。(ただしハイブリは万能な分、特化より火力が落ちる場合も(特にRやCほど差は大きく、ラミクイとスキュラが良い例))。
 鬼集落すらなかった頃は極端な耐性ボスはほとんどいなかったので2匹育成しておけば十分だったんですがね…。



■パワーアップ合体編

Q. パワーアップ合体はやったほうがいい?
A. 敵が強いと感じたり、魔物をもっと強くして楽に狩りしたいと思ったときにやればいい
 最初のうちは世界樹も本数少なく、霊魂不足になりやすいので無理してパワーアップ合体する必要はありません。(私は湿地奥まではパワーアップ合体せずにいけました)特に課金もせずCクラスの魔物のみで戦っている場合、中途半端にパワーアップ合体するより現状で進化できるだけ進化させたほうが新しいスキルも覚えるしステータスも上がります。
 最初のうちは今できる魔物の進化じゃ限界と感じたら行うくらいのペースで十分です。

Q. パワーアップ合体で餌となる(消える)側の魔物は20Lvまでレベリングしたほうがいい?
A. Cクラスならば無理して20Lvまでレベリングする必要はなし。
 20Lvまでレベリングすれば熟練度アップの本やステータスアップの種がゲットできるメリットはありますが、正直始めのうちはゼリーでも20Lvまでレベリングするのは大変なる苦労です。そのためスキルレベルがある程度あがるまでは20Lvまで育成せず、スキルを習得しきったレベルまで上げたら餌にするのも手。さっさと魔物のスキルレベルをあげて強くして、育成に余裕ができたら、餌となる魔物を連れまわしたりデイリーの経験を上げたりして20Lvにして種や本をゲットするのが無難。
 ただしRやSRに関しては課金しても欲しい魔物はなかなか出ないので、種が欲しいと思うなら20Lvまで上げてから餌にするほうが無難かも。

Q. 餌とする魔物の、簡単なレベリング方法はない?
A. デイリークエストや曜日ボスのクエストを持ち帰るなど
 スタメンばかりにデイリークエストをあげていると後半すぐレベルがカンストしてしまうので、大抵の人はデイリークエストなどは10回戦闘後その場で報告せず自宅に持ち帰り、メンバーを餌にする魔物のみにしてからデイリークエストを報告する。カンストしている魔物にクエスト経験値をあげるのは勿体無いが、これだと沢山の魔物に経験値をあげられるし、餌となる魔物はスキルや装備などの準備をせずに20Lvまで上げられるメリットがある。主人公に関してもフィールドに出るときは強い職業で、自宅でクエスト報告するときは弱い職業に転職してから報告すると職業育成が楽。

Q. 経験タンクとは?
A. レベルアップ用に経験値をためておいた魔物の通称。
 霊魂が少なくて餌となる魔物もいない場合、スノーゼリーなどの消費霊魂が少ない魔物をあえて召喚しクエスト経験値を与える、通称経験タンクを作る人もいる。メリットとして、魔物を召喚したり進化させたりするとLv1や5Lvからとなり、能力も低く装備できる品も少なく死亡しやすいためすぐスタメンに入れることは難しい。だが経験タンクを食わせれば自宅でレベルを上げられるため、すぐさまスタメン入りすることも可能に。特に期間限定イベントのRや、ログインボーナスのSRなんかは必要経験値が多く育成が大変なので、手に入る日がわかっているならば事前に経験タンクを何匹か用意しておくといい。
 オススメは経験5000の、ザルツ山脈を歩いていれば手に入りやすいスノーゼリー。イスピーナ丘にいるレッドゼリーとかでもいいが、経験テーブルの20Lvを見るとスノーゼリー1匹(霊魂2)がレッドゼリー4匹(霊魂4)分なので、スノーゼリーのほうが霊魂2お得な計算となる。

Q. 種や本は主人公だけなく魔物にもあげたほうがいい?
A. 魔物はパワーアップ合体を繰り返していればいつの間にか上限に達してしまうので、種や本は全部主人公へ。
 ジョブ特性やスキル、魔法はⅩ以上に上げられるので、パワーアップ合体を繰り返していればステータスは勝手にカンストに到達します。なので魔物に本や種を使うのは大変勿体無いです。
 種や本でしかステータスをあげられない主人公へ全部回しましょう。

Q. パワーアップ合体で叩とか特定のステータスを伸ばすときは叩の数値が高い魔物を素材にしたほうがいいの?
A. 伸びるステータスはランダムで決まるので、特に厳選する必要はなし
 ただし餌にする魔物が強いか弱いかで伸びる数値や種類の多さは変わって来るよう、仕様変更されました。

Q. RやSRクラスより強いCクラスとか作れる?
A. 作れません
 強さはスキルの他、魔物のランク、装備品、魔物のステータスの基礎値、ステータス強化数値、熟練度によって変わります。
 CよりR、RよりSRのほうがスキルは強いしステータスの基礎値が初めから高い、レベルアップするときのステータスの伸びが高いです。また現時点ではパワーアップ合体で上げられるステータス強化の数値はランクアップ(RやSRのみランクアップ可能)してるかどうかでカンスト値(赤数字)が固定されています。また熟練度も魔物のカンストレベルまでしか数値を上げられない仕様になっています。
 そのため、ステータス強化の数値や熟練度がカンストしてしまうと何度パワーアップ合体してもそれ以上ステータスをあげることはできません。基礎値が低いCクラスの魔物が、基礎値が高くランクアップ済みのRやSRクラスの魔物よりも強くなる…ということは絶対ありえません。

Q. スキルや魔法を上げるメリットは?
A. ダメージや回復量アップだけでなく、リキャスト(CT)や消費MPが減る
 例としてゴブリンラッシュの場合、ⅥにするとMP消費とCTが1減ります。(スキルや魔法により違いはあります)ダメージなどが増えるのは無論ですが、CTが1でも減るとボス戦などの長期戦での使い勝手がかなり違うのでできる限りスキルレベルを上げられるだけ上げたいものです。
 ヒールはⅧにするとCTとMP消費が1のみとなり、ボス戦だけでなく通常の狩場でもかなり楽になるのでオススメです。(ハイヒールはⅥでCT2、ⅧでMP消費3になる)
 ただしキュアポイズンなどスキルレベル上げてもメリットがないものもあるのでご注意を。

Q. 合体するときのスキルや魔法の強化成功率って何%目安がいいの?
A. 有志によると45%以上の成功率のほうが期待値がでかい
 そのため成功率20%以下の場合は、素材となる魔物を進化、またはもう1匹作ってパワーアップ合体させてスキルレベルを上げて確率を45%(または65%)にしてから、本命の魔物とパワーアップ合体するといい。ちなみに体感によると65%以上のほうが成功しやすいとの声もある。

参考:よっちんちん:スキルレベルは何%で合成していくのが最善か?  (リンク切れ)

 進化させてパワーアップ合体させるか、餌同士パワーアップ合体させるかは、覚えたいスキルと霊魂の残りと相談のこと。

Q. 全ての魔物に何を覚えさせたらいいの?
A. 物理耐性ボーナス、魔法耐性(または各属性耐性)、戦闘後MP回復、カウンターチェインなど
 物理耐性ボーナスは被ダメージの減少に必須項目。魔法を使ってくる敵なら魔法耐性(属性耐性)を。
 カウンターチェインは単体麻痺攻撃対策に。ただし物理攻撃をする魔物だとカウンターチェインを入れる枠がなかなかないので、師匠クエストでスキル枠を開放するか、クーフーリンやエキドナなど魔法攻撃主体でスキル枠に余裕がある魔物に覚えさせるといい。
 戦闘後MP回復に関してはボス戦ではなく、フィールドで長時間狩りを続けたい人用なので後回しにでも。ただし火力がないとMP回復がいくらあっても足りないので、MP回復をつけるくらいなら先に物理攻撃ボーナスや攻撃スキルのレベルをある程度上げてからが良い。(ハイフェアリー魔石集めるのもかなり大変なので)

Q. 物理攻撃をする魔物に何を覚えさせたらいいの?
A. 対応する各スキルのレベル上げと、物理攻撃ボーナスは必須。余裕があればクリティカルボーナス。魔法は回復も各属性も低いならばサポート系
 通常攻撃でもスキルによる攻撃でも、物理攻撃ボーナスあるなしだと火力が断然変わるので物理攻撃ボーナスのレベル上げは必須項目。
 クリティカルボーナスに関しては枠が余ってるならば入れる程度。ただしバーサクを使うならば通常攻撃しかできないので、クリティカルボーナスがあると火力アップにつながりやすい。
 魔法はリリムのように回復も各属性も低いならばキュアポイズンや各属性カーテンなどサポートとなる魔法を入れるといい。

Q. 魔法攻撃をする魔物に何を覚えさせたらいいの?
A. 対応する各魔法のレベル上げと、各属性ボーナスは必須。スキルは杖しか装備しないならサポート系
 無課金の場合、火魔法ボーナスはレベル上げしやすいが、水や風はレベル上げが大変なので指輪の刻印に頼るのも手。ただし魔法のルーペを使わないと指輪+5を作ること自体が大変なので、それまでは多少なりとも各属性ボーナスを習得、レベル上げしておくといい。
 スキルに関してはラミアクィーンやクーフーリンのように杖しか装備しない場合は、スタンやカウンターチェイン、クラッシュガードやスラストガードなどサポートやガード系のスキルを覚えさせるといい。

Q. 具体的にどの魔物にどんなスキルや魔法を覚えさせればいいのかわからない…
A. 街やフィールドにいる人のステータスを見る、とにかく見まくる
 どのスキルや魔法を覚えさせればいいか迷ったら、他人の魔物のスキルや魔法欄を参考にしましょう。大半はRやSRばかりですが、「自分の魔物は何を装備できるのか」「自分の魔物は何が得意か(初期ステータスで何が一番高いか)」を把握しておけば、それと同じ傾向の魔物のスキルや魔法はたとえRやSRでも参考になると思います。沢山覗けば中には同じ魔物を鍛えている人も見つかるかもしれません。
 それでもどうしてもわからない場合はワールドチャットや2ちゃんねるの本スレで質問するという手もあります。ただしそれが最善かどうかは課金できる額やメインストーリーの進行によっても違うので、あくまで参考に。

Q. 単発麻痺解除ができるカウンターチェイン以外にあと何か上手い使い方ができるスキルってある?
A. 以下参照。

 ・バーサク(カウンターチェイン) + クイックソング
 バーサクかけたくても素早さが遅くて2回攻撃できない場合、クイックソングをかけると2回攻撃可能になる場合がある。
 クイックソングは12ターンも効果ある上、CTも長くて10なので常に効果ある上にさほど手間にならない。
 またバーサクがない場合でも、カウンターチェインの反撃も2回攻撃になるのでクイックソングは使える。
 個人的に攻撃ステータスが優秀なのに素早さは残念なケイロンやベリアルなどにオススメ。

 →2014年5月20日のメンテナンスから、バーサクやネメシスオーラをかけるとステータス上昇スキルは無効になった。
  そのためケイロンなど素早さが低い魔物はバーサクとの相性×になった。

 ・ネメシスオーラ + 再生の旋律
 ネメシスオーラはHPが低ければ低いほど攻撃力を上げるスキルだが、HPが低くなる分、死亡の危険性が高かった。
 そのため再生の旋律で保険をかけておけばいざ死んだときにもすぐ復活するので、気楽に戦うことができる。
 ただし毒や最後の1体の状態で死ぬときは復活しないので注意が必要。
 あとネックなのは両方ともSR限定スキルということか…。

 ・PTヒール、オールヒール
 味方を回復するヒール系だが、ヘイト稼ぎにも使える。
 大体はケイロンやシェーシャなどの壁役にPTヒールを覚えさせて敵の攻撃を集めることに使われる。
 だが回復が低かったり、他の仲間の火力が高いとヘイトが移るので注意が必要。
 PTヒールとオールヒールをCT毎に使えば確実にヘイト固定可能だが、現時点では主人公しか使えないのが辛いところ。

 ・バーサク + カウンターチェイン
 フィールドでパワーアップ合体の餌となる魔物育成に便利な方法。
 火力&素早さがある魔物にバーサク、主人公がカウンターチェインを使うという技。
 敵の攻撃が全部バーサク使いに集中→カウンターチェインで反撃→戦闘終了。
 そのため敵が2匹いようが3匹いようが関係なく、残りの3枠に餌となる魔物を連れて行けるのが利点。
 注意点
 ①敵を1発KOできる火力がないと、HPピンチのときに全体攻撃する敵がいるので次ターンが辛い。
  理想はランクアップ済みのSR、最低でもR。
 ②バーサク使い自身がそれなりに耐久ないと敵の集中攻撃にあっさり死亡→そのまま全滅して強制帰宅に陥りやすい。
  そのためある程度弱いフィールドじゃないと危ない。
 ③出てくる敵よりも主人公が早く行動できないと1ターン目から反撃できない。



■魔石編

Q. 魔石がほしいのになかなか出ない…
A. 緑の薬(調合品)を使う、シーフに転職する、特定のボスを倒して魔石を狙う、クエストの報酬で貰う
 シーフはいるだけでドロップ率アップ効果があります。また器用さが最初から高いので宝箱の爆発率が減ります。
 転職クエストを勧めて早めにシーフになれるようにしておきましょう。

Q. 戦闘後の宝箱やクエストの報酬で魔石がとれたのに召喚できない!
A. 自宅で鑑定しましたか?それでもできない場合は召喚できない魔物です。
 召喚できない魔石は進化するときの材料に使います。
 (例、丘奥にいるケンタウロスの魔石はユニコーンをケンタウロスに進化するときに使う。召喚は不可能)
 なので召喚できない魔石=進化のときに使うと覚えておけばいいです。

Q. ○○の魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 以下参考。
 よく質問される魔石集めとしてオススメの狩場をまとめてみました。
 Cクラスの魔石はあくまで参考で、出やすい出にくいは運にもよるので注意。
 フィールドで魔石を集めるならドロップ率アップのシーフに転職しておくのがオススメです。ただしシーフでのボス戦参加は下位ボスでもない限りソロ狩りに留めておくのが無難。(火力があっても防御力がない、回復も高くないのないないづくしで、シーフでのボス参戦はBLに入れられる可能性が高いため)
 どうしてもシーフでレギ戦を行いたい場合は募集欄に「ドロップ目的のためシーフで参加しても構わない人」と一言添えて募集をかけるといい。

Q. フェアリーの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は森(森奥は出ない)。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。(2時間に1個とか普通)
 ・森3(フェアリー&フェアリー、フェアリー&ピクシーと、フェアリーに一番遭遇しやすい)
 フェアリーは餌(進化先のベース)としても、ボス召喚(樹精、真樹精)としても需要あるため、供給のつりあいをとるためか、時折期間限定のイベントマップの雑魚敵のドロップ品として選ばれやすい。

Q. ウォーホースの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は丘。個人的には丘3か丘奥1がオススメ。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。
 ただしウォーホース&フレイムホースのコンビだと、何故かウォーホースの魔石はドロップしないので注意。(丘奥5など)
 ・丘3(出てくる魔物の種類が一番少ないため、他より一番ウォーホースに遭遇しやすい)
 ・丘奥1(丘奥のデイリーに近い、ゴブリンとコンビで出てくるため需要が高いゴブリン魔石も狙える)

Q. マーメイドの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は湿地だが、曜日ボスの翼の蛇王のドロップ品狙いでも。
 水辺でもドロップするが、攻略レベルが50Lv以上と高いため、低レベルのうちは湿地か翼の蛇王のドロップ狙いがベスト。
 ・湿地1(湿地の中では一番種類が少ないため(これでも)遭遇しやすい。また翼の蛇王の召喚用であるパイソン魔石も狙える)
 

Q. ラミアの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 湿地奥2か湿地奥3のみ。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。
 ・湿地奥2(湿地奥3より敵の種類が1種類少ない、スカルファイターから稀に人化の秘石がとれる) 

Q. フレイムドック(通称:火犬)の魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は森奥2か森奥3だが、曜日ボスの魔狼王のドロップ品狙いでも。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。
 ・森奥2(火犬だけでなくピクシー魔石やバット魔石、霜降り熊の肉片も狙える)
 ・森奥3(火犬だけでなくユニコーン魔石も狙える)
 個人的には森などでワーグやホワイトワーグの魔石を狙って、魔狼王突撃コースがオススメ。

Q. ユニコーンの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は森奥3か森奥4だが、曜日ボスの魔馬王のドロップ品狙いでも。
 魔石のドロップしづらさは異常レベルなので、個人的には魔馬王ドロップ狙いがベスト。
 ・森奥3(ユニコーン魔石だけでなくフレイムホース魔石もとれるため、それを使って魔馬王突撃できる)
 ・森奥4(ユニコーン魔石だけでなくピクシー魔石もとれる)

Q. インプの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 基本は湿地奥か山脈。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。オススメは山脈7。
 ・山脈7(貴種の秘石が狙える。釣り場がありNPC売買できるため小遣い稼ぎにも)

Q. コックの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. 谷1,谷2,谷3のみ。谷奥以降はドロップしない。
 シーフ使っても魔石ドロップしずらいため根性で狩るべし。オススメは谷3。
 谷奥や渓谷でもコックは出現するが、コックの魔石はドロップしないので注意。
 ・谷3(コック×3など、コックの遭遇率が高い)

Q. ハイフェアリーの魔石ってどこで手に入りやすいの?
A. ドロップなら雪の堕天使、森の樹精王、The.TriFairyの3匹から。1個ならザルツ山脈のクエスト報酬
 ドロップしやすい順番は雪の堕天使>森の樹精王>=The.TriFairy。
 ただしシーフで参加したい場合はThe.TriFairyだけにしておいたほうが無難。雪の堕天使ではシーフだと死亡しやすいし、森の樹精王の場合はせめて40Lv以上育成しておかないと辛い。
 The.TriFairyは友情ポイントが入るため助っ人出せば参戦してくれる人は多い。…が、助っ人に甘えてドロップのハイフェアリーの魔石に全部優先を使うと(ハイフェアリー魔石が需要高く稀少なため)嫌がれる傾向が高い。連戦する場合でも優先は1回のみ、残りは破棄かlotフリーにするのが無難。尚且つThe.TriFairyからのドロップ率は(シーフで緑薬20%使っても)10戦やっても1個くらいの確率なので、魔石目的で助っ人を出す場合は最低10戦前後行える強さになっておくといい。(The.TriFairyが強くて危ないからと、戦闘開始直後にすぐ待機してそのまま前に出ないでいると寄生と思われ、誰も助っ人に来てくれなくなる確率が高くなるので注意)
 ドロップ品全部欲しい場合はレベルを上げてソロでThe.TriFairyを倒すようにするのが無難。ちなみにソロだと鬼集落の妖精の化身より強い。(連戦することを考えると最低でも渓谷奥クリアできるくらいの強さがほしいところ)


■バザー編

Q. バザーで品物買うために人物いちいちクリックするのが大変だし面倒…
A. 画面左にあるプレイヤをクリック→見たいプレイヤーをクリック→バザーを見る
 同じchの同じマップならば一覧で表示されます。
 そのため、売る際はコメントに何を売るかしっかり書いておくと良い宣伝になります。

Q. 相場がわからない。
A. 他の店の値段を見て大体の相場を出す。
 特に1ch~3chは人が多くバザーも多いので相場調べるのに参考になります。

Q. 売れない…
A. 人が多いchにいるか、値段は高すぎないか、需要はあるか
 無難に売れるのは粉薬やマナ葉などのMP回復系。
 強化品は人が多い時間帯や曜日でないと売れ行きに差が出てくる場合も。

Q. 少しでも高く売りたい
A. 人が多いフィールド(肉販売してる場所、釣り場やボス出現場所)でバザーを開くと相場より高く売れる場合も
 ただ街中よりも人のばらつきがあるため、売れないときは定価以下でも本当売れません。
 売るものも、回復アイテムやそのフィールドにいるボス召喚用のアイテムなどが無難です。
 ただし粉薬やマナ葉に関しては後々いける村のNPCが400Hでマナ葉を販売しているため、400H以下にしないとほとんど売れません。


■課金編

Q. 三種の神器って?
A. アルフヘイムの魔物使いの三種の神器は「エルフの上つるはし」「よびよせの笛」「入れ食いルアー」
 完全無課金の縛りプレイでもしない限りは、狩りの効率や金策にも直結するので三種の神器は最初から用意しておいたほうがいい。

Q. このゲームの無課金、微課金、課金者の違いは?
A. 人によるが大体以下のような感じ。
 2ちゃんねるとか見ると大体こんな感じかと解釈。
 無課金:1円も課金してない人or三種の神器は購入しているが天魔石は買わない人。
 微課金:三種の神器購入or毎月に換算すれば1万以下の課金をする人。
 廃課金:SRを複数持ってる&SR専用スキルを強化してる(つまりSRとSRを何度もパワーアップ合体してる)人。SRを何匹も狙う場合は数十万もの課金が必要なため。

Q. SRクラスの魔物って強い?課金して天の魔石購入するべき?
A. (基本は)最強クラス。リアルマネーに余裕があるなら早めに課金するべし。
 進化したりランクが高い魔物ほど、次のレベルまでに必要な経験値が増えていきます。
 後々レベリングするのが大変なので、課金する気があれば早めに買いましょう。もしSRに当たらなくても強いCやRがゲットできる場合もあるので、冒険の始めが断然楽になります。
 RクラスよりもSRのほうが基本は強いですが、火力だけ見ると魔物によってはRより弱いSRとかもいるので育成する魔物選びは事前に情報収集を。

Q. SRクラスって無課金でも作れる?
A. ログイン日数ボーナスで入手可能の他、一部のSRはRから進化で作成できるようになったため (簡単ではないが)無課金でも用意可能。
 プレイヤー作成から90日、180日、270日経過するとSRが必ず1体貰える月の魔石が手に入る。その他としては一部のRクラスを☆4つ、Lv30以上にすればSRに進化できるが「砂漠の集落タアタ」でゲットできる討伐手帳のボスを討伐しなければならないためまずそこまでストーリーを進める必要がある。またRを用意して☆4にする、RからSRに進化させるのに霊魂1000必要なため、SR1体作るのに2000から3000近くの膨大な霊魂を使う。正直そこまで1体にかけるくらいならその分持っている魔物のスキルや魔法を強化するのが手っ取り早いし強くなれるため、どうしてもこのSRが欲しい!…という信念がない限りSRは作るべきではない。
 上記以外では地の魔石を手に入れるしかないが、地魔石からだと確率が0.1%&週に1個しかとれない&何が出るかはランダムなため、実質天魔石以上の魔石からしかSRは手に入らない。どうしてもさっさとSRでパーティを固めて起きたい場合は素直に課金するしかない。

Q. SRっていくら課金すれば当たる?
A. 運次第。運が悪いと2万3万、ひどいときは5万飛んでも当たらないらしい。
 そのため、お金にものすごく余裕がないとスタメン全員SRにするのは厳しい…。
 だが課金合計額が1万超えると虹魔石1個、3万超えると虹魔石が2個、5万や10万、15万超えると月魔石が1個ずつもらえるので、4人は無理でもレギ戦だけでも早めにSRで固めたい!…という人は課金しちゃうのもあり。
 少しでもお得にしたいなら、1ヶ月か2ヶ月に1回、3000円分の神力を一括で購入するとRがもらえるキャンペーンをやっているので、そのときを狙って課金するといい(R1匹手に入るので500円分お得)。運がよければ3000円でSRが出る場合もあるかもしれない。

Q. 各SRの特徴教えて!
A. このブログ主はまだエムプーサとメリアス、クーフーリン、セルケト、ラクシャシー、ケイロンしか持ってないのでこのメンバーしか具体的に回答できません…。
 SRが増えていけばこの回答修正します。(ほとんど課金しないのでいつ増えるか不明…)

 エムプーサ
 進化元のリリムが無課金でも作成容易なため、(霊魂があれば)誰でも手に入りやすいSR。
 斬と呪魔法が得意で叩や突も高い。呪魔法はドレインディールとアビスが習得できれば魔法もそれなりに強いが無微課金では習得させるのがかなり後になるため、それまでエムプーサは基本叩と斬が伸びる大剣グレードソード系装備の物理攻撃専門職(アビスとドレインディール以外の呪魔法自体が目も当てられないほど弱いため、習得するまでは物理特化が良い)。大剣を装備できるため斬の数値はSRの中でも高い。
 斬のクレセントムーンと地走りを覚えてるため、あとは叩系の汎用スキルをつければ良い。スキル枠を拡張するならクロスブレイクも。
 物理攻撃力がトップクラス並に高い反面、軽鎧しか装備できない前衛なので耐久がない。魔法もステータスの中で呪が一番高いというだけで他の魔法系SRと比べると知力が低いためあまり魔法向きではない。また悪魔系特有の悲劇か回復値がものすごく低いためヒール系が使えない。そのため場面場面で融通が利きにくいのがネック。無微課金だとベリアル量産して旋風列斬習得…も難しいため後半のボス戦での立場が他SRより弱い。現状では使い勝手が悪いため相当課金して強化しない限りエムプーサを率先して使う課金者はほとんどいない模様。
 ちなみに後になって実装された同じ大剣装備のベリアスと比べるとエムプーサは「素早さは高いが耐久がないSR」。ベリアルは重鎧装備可能なため、(重鎧装備補正によるステータスの)耐久はベリアルが上。ただし素早さはカーミラに続いて2位(Rのヴァンパイアを入れれば3位)の速さのため、斬の数値が高いこともありどんな敵相手でもバーサクとの相性は○。
 サポートは呪と素早さ。…呪をサポートにするSRは他にもいるし、同じ悪魔のベリアル(HPと斬)と比べてしまうとサポート向きとは言えない。…戦闘面ではエムプーサの境遇がかなり過酷になっている…。
 余談だがSR魔物の表情変更の種類はエムプーサが一番多い。

 メリアス
 進化元のドリアード自体用意するのが大変(素材の秘石が希少)なため、(霊魂と膨大なお金があれば)無課金でも用意できるSR。
 PT全員の毒を回復できるPTキュアを習得する唯一の魔物。主人公すら75Lvカンスト時点では習得しないので1家に1人は欲しいSR。HPとMP、回復量が高く、突と魔法もそれなりに高い。だが他のSRと比較すると攻撃面は物理も魔法も微妙な強さなので他のSRがそろっていると餌候補にされやすい。唯一高かった魔法防御No.1の座はラクシャシーに譲り渡すハメに…。
 物理と魔法兼用でいくなら短弓がオススメ。弓の強スキルはサイドワインダーとピアシングショットがあるが、Rであり現状無微課金だと量産が厳しいため後半物理火力不足が目立つ。最近では火力不足を補うためアヌビスを餌にしてメリアスに弓スキルを習得させる課金者もいる。
 布装備&盾が装備できないため物理防御は低いが、逆に魔法防御は全種類平等に高い。弓と魔法なので必ず後衛に配置。HPは高くても物理防御力がないため、後衛でもボス戦にガード系スキルがあると安心。
 魔法はハイヒール、PTヒール、PTキュアを覚えるため基本はこれで十分だが、攻撃面を伸ばしたいなら霊魂がお手軽で強い水魔法ボーナスとウォータがオススメ。課金して餌が豊富ならばどの魔法も平等に高いので好きな攻撃魔法をつけるといい。
 サポートは叩と回復。PTキュアと回復上がるのが便利なため、スタメンではなくサポートとして使う人が多い。

 クーフーリン
 進化元のシャナの魔石を集めるのが大変なため、レア進化しない限り無課金では手に入りにくいSR。
 攻撃魔法としては最強のSR。エキドナが炎と水専用ならば、クーフーリンは炎、水、風、呪なんでもこなす。各ピラーⅥ以上、貫通あるアクアヴォルテクスやサンダーが習得できれば火力面では最強クラスのSR。ただし習得する単体攻撃魔法がウォータピラーⅢしか覚えないため、課金者じゃないと各属性ピラーや貫通魔法のスキル強化が辛い。
 ボス戦では火力が高いためヘイトを稼ぎやすく、尚且つ盾が装備できない布装備でHPが低いため後列でも死亡しやすいSR。リジェネを主人公ではなくクーフーリンにかける人もいる。集中的に物理攻撃されるとあっさり沈むため、ボス戦ではガード系スキルも必須。
 武器は回復力もあるので回復役としてならロッド系でもいいが、やはり魔法攻撃が一番なのでスタッフ系をオススメする。スキルはスタッフ装備ならカウンターチェインやスタンなど補助的なスキルを。装備が布なので物理攻撃力を伸ばしにくく、課金して餌が豊富でもない限り弓や槍はあまりオススメしない。
 鬼集落の金の翼竜など魔法耐性が高いボス戦は、槍や弓スキルを習得してない限りクーフーリンを戦闘メンバーから外すほうが良いだろう。
 通称ようじょ…だったが、最近はショタ系SRがかなり増えたため呼ばれなくなった。
 サポートは風と回復。魔法ステータスは優秀だが習得するスキルはCクラスでも習得可能なため、スタメンに使うことはあってもサポートとして使う人はほとんどいない。

 セルケト
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 スタンカーテンを覚える唯一の魔物。主人公ですら75Lvカンスト時点で習得しないため、1家に1人はほしい。素ステータスの物理防御力はケイロンやシェーシャを抜いてNo.1…であったが、マナシー登場によりNo.2に落ちた(防具が軽鎧と布だけなので装備含めた全体で見るとまぁまぁ固い程度)。
 小剣が装備可能だが小剣スキルの火力に関わる起用さがカーミラと比べるとかなり低い。また魔物が習得できる小剣専用スキルがダブルペインとダンシングエッジの2種類しかなく、ダンシングエッジはSRカーミラかイシス、Rケットシーを餌にしないと習得できないため現状は無課金でも強化可能な爪が無難(ケットシーの魔石をゲットするためのボスが無課金には討伐困難なほど強いため)。ただし爪はそれ自体大剣より斬ステータスが弱い、爪スキル唯一の貫通があるドラゴンクローはRかSRしか持っていなく、その唯一のRカンヘルもミート湖の強ボスを連戦しないととれないため無課金には習得自体大変厳しい、爪スキルも大剣スキルより弱いためセルケトは現状物理火力だけでは後半で詰まる。逆をいえばそれぞれのSRスキルがRかCで習得できるようになれば斬も突も使えるし物理攻撃も高くなるので将来に期待の存在…といえなくもない。
 アビスやドレインディールなどの呪魔法が強いので、無微課金でセルケトを育成するなら呪魔法と爪スキルとのハイブリ育成が良い。回復も高いのでヒール系いれても十分使える。
 ネメシスオーラは後々のアップデートで多少改善された…が、他の攻撃スキルを外すほどの効果はない(HPを低くすれば威力があるかもしれないがSRイシスの再生の旋律がないと危ないため実用的ではない)。
 通称ヤンデレ。…理由はセルケトをゲットしたユーザが一番よくわかるはず。
 サポートは呪と器用さ。独自スキルもなくスタンカーテンも強化しない限りさほど効果は感じられないため、サポート向きとは言いがたい。

 ラクシャシー
 進化元のヤクシニーは無課金でも用意できないことはないため、(霊魂と金があれば)誰でも入手可能なSR。
 風魔法と呪魔法がクーフーリン並に強いSR。風魔法攻撃のサンダーを覚える唯一の魔物。素ステータスの魔法防御はあのメリアスさえも上回る。風魔法ボーナスや呪魔法ボーナスだけでなく、ウィンドピラーⅤも覚えるため、強化の点では無微課金にもやさしいSR。風や呪が得意だが、水や炎もメリアス並に高い数値なのでどの魔法を習得しても無難に使いこなしてくれるだろう。
 武器は物理攻撃をするなら弓、魔法主体なら杖で。弓スキルは習得させること自体が大変なのでドリアードやシャナが量産できないなら杖を装備して魔法で攻めるのが無難。
 弱点としてはクーフーリンと同じく布しか装備できないため、物理防御が心もとないこと。また貫通能力が高いサンダー以外の風魔法、呪魔法は炎や水よりも火力自体弱いので雑魚敵が強くなればなるほど水や炎がほしくなる(特に風耐性が多い砂漠が辛い)。炎や水を使う場合1から習得させなければならないため、無微課金には育成が辛い。
 関西弁でノリがよいショタっ子。ラクシャシー登場でやっとスタメン全員ロリショタSRという夢のPTが可能に。
 サポートは呪とMP。サポートというよりスタメン向き。

 ケイロン
 進化元のデュラハンが無課金でも用意できるため、(霊魂と莫大な金があれば)誰でも入手可能なSR。
 重鎧と大盾が装備できる。大盾と重鎧が装備できるため物理防御No.1であったがマナシー登場によりNo.2に…。ハルバード系の槍を装備すればそこそこ回復力もあるため、PTヒールを入れて回復とヘイトを稼げば立派な壁役にもなる。また後列からの攻撃でもダメージが落ちない槍装備SRということで壁役で唯一後列配置可能なため、実質敵から受ける物理ダメージが一番低いSR。
 弱点は素早さがSR中最下位クラスなためバーサクとの相性は×。得意な魔法もないので突耐性の敵には辛い。また槍の攻撃スキルは現在2種類しかなくどちらも高威力だがCTがそれなりにあるためダブルストライクなどの叩スキルをいれないと実質火力不足に。そして叩スキルをいれるということは前衛にしないとダメージが出ないためせっかくの後列配置可能な槍のメリットが生かしきれないのが現状。また壁役としてみてもパーティーガードやドラゴンロアがあるSRマナサーの存在がまぶしすぎて涙目。マナサーよりは回復高いのが救いか。
 通称兄キ、おっさん、総大将(師匠クエより)。強さでいえば上位SRなのに一部の台詞はユーザをイラつかせるため残念SRの地位を不動にしている。
 サポートは突とHP。ケイロン自身だけでなく槍が装備できるガーディアンとも相性良いため非常に万能。
 アルフヘイム1周年記念イベントには女装してオネェ言葉になったケイロンが特別にNPC&ボス出演した。…ケイロンに投票した中で8割もの人がウェディング姿に投票したためのようである…。評判悪いかと思ったら4位だったので意外とユーザから人気なおっさんであった。

以下は私見と聞いた情報による評価なので、あくまで参考程度に。

 ジヴリール
 進化元のマナサーの魔石を集めるのが大変なため、現状無課金では入手困難なSR。
 主人公以外でリザレクションが使える唯一の魔物。これもメリアスと同じく1家に1人は欲しいSR。布装備だが盾が装備できるSRなため、ランクアップやパワーアップ合体して強化したジヴリールならボス戦でも前衛で使う人もいる。剣閃というスキル自体が強いため、攻撃スキルとしてはセラフブレードと剣閃にヴォーパルブレードがあれば十分だが、余裕があればクレセントムーンでも。魔法はメリアスと同じく回復や全属性魔法が高いため、状況に応じて好きな魔法をつけるといい。
 欠点を言うならステータスの物理攻撃力があまり高くないため、素早さは高いがバーサクとの相性は微妙。また剣スキルは剣閃以外に強いスキルがなく、素ステータスが高くないのでクレセントムーンも大したダメージを出せない。HPも高くないためボスが強ければ強いほどレギ戦につれてくる人は少ない模様。
 サポートは斬と回復。リザレクション持ちのためサポートとしても大活躍できる。

 エキドナ
 進化元のスキュラが自力で用意可能なため、(霊魂があれば)誰でも手に入るSR。
 水と炎がクーフーリン並に強いSR。水魔法ボーナスⅥ、ウォータピラーⅤ、ファイアピラーⅤを習得するため、(スキル強化的に)クーフーリンより無微課金に優しい。軽鎧装備なため物理耐久もクーフーリンより高い。物理攻撃力は布装備のクーフーリンとは違い軽鎧装備なためそれなりに強い。物理攻撃をしたいなら廃課金するなら弓を装備、アヌビスを量産、餌にして突と魔法が使えるエキドナというハイブリッド育成する人も増えている模様。無微課金でハイブリ育成するならばスキル強化がしやすい槍がオススメ。
 欠点としては他の魔法系SRと違い布が装備できないため、軽鎧の性質上魔法2種ハイブリにしようとするとどうしてもどちらか弱くなってしまう。(だからこそ物魔ハイブリが主流なのだが)
 サポートは炎とMP。性能的にはサポートとして使うよりスタメンとして使いたいところ。

 カーミラ
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。 
 素早さNo.1。魔法を使わなくても属性攻撃ができる属性牙を装備できる唯一の魔物。属性牙があれば突耐性があっても魔法弱点をついた攻撃ができるが、効果があるのは通常攻撃のみ。バーサクも火力過剰にならないように、属性牙を装備しているときだけ効果が70%に制限されている。ステータスの突はケイロンに劣るものの、素早さが高くどんな魔物相手にも常に2回攻撃が可能。盾は装備できないが、牙装備ならば攻撃しながら回復できるドレインキッスがあるためそこそこ耐久もある。
 攻撃スキルは無微課金でも強化しやすいファストファングとトライファングを習得させておくといい。どのボスでも2回攻撃可能なほど素早さが高いのでバーサクで攻めるのもオススメ。魔法は属性牙を装備するまでは風魔法が得意なため、ウィンドとウィンドピラー、余裕あればサンダーも。
 2014年5月20日のメンテでダブルペインとダンシングエッジの強化がされたが、ダンシングエッジのCTは7であり、廃課金しない限りは牙のほうがスキルレベルを上げやすいので、無微課金は牙が無難…なのだがいかんせん牙は防御力が高い敵にはとことんダメージが低いので雑魚敵すら防御が高いグローリー以降が辛い。そのため後半の敵には牙よりも小剣を使う人が多い。小剣にするとドレインキッスが使えなくなるため耐久のなさが浮き彫りになっている。
 通称せんせい(師匠クエより)。余談だが期間限定コスが2種類出てるのはカーミラだけ。
 サポートは呪と器用さ。当然スタメン向きでサポート向きではない。

 シェーシャ
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 マナシーやケイロンの次に物理防御力が高い。攻撃力アップスキルのドラゴンオーラや、スタン効果までついてくるドラゴンクロウがあるため火力もある。ドラゴンクロウだけでは回らないため、スカイクロウを中心に、枠があればトライクロー、クレセントムーン、クロスブレイクのどれかを習得させておくといい。魔法は攻撃防御ともに炎が強いため、ファイアやファイアピラーあたりでいいかと。壁役にするなら回復もそこそこあるのでヘイトを稼げるPTヒールとも相性○。
 難点といえばケイロンほどではないが素早さが高いというわけではないため、素早い敵にはバーサクが使いづらいこと。爪武器自体が大剣より弱いこともあって斬ステータスはエムプーサより低い、五天魔などはスタン効果あるドラゴンクロウを使うと死亡率にかかわるため爪スキル唯一の貫通スキルなのに封印せざるをえないこと、炎魔法で強いのがファイアピラーしかないので後半物理火力面での使い勝手がエムプーサより悪い。その分耐久があるのが強みだったが、自分より物理火力も耐久もある妹のマナサーの登場により栄光が過去へと変わってしまったことか…。
 サポートは斬と素早さ。サポートとして使えなくはないが、性能的にはサポートよりスタメン向き。
 余談だがバステトが出てくるまではメインシナリオクエストに直接関わる唯一のSRだった。

 ベリアル
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 大剣装備可能なSR。大剣スキル旋風列斬を唯一覚える魔物。素早さは高くないが、重鎧装備による耐久の高さ、炎魔法が得意など同じ大剣装備のエムプーサと明確な差別化がされている。魔法も使うならファルクス系列装備でもいいと思うが、基本は赤ゴブのブレード系列を目指してグレートソードを強化していけばいいと思われる。
 攻撃スキルに関してはエムプーサと同様、大剣スキルや斬スキル、(グレートソードを装備するなら)叩スキルを。旋風列斬は同レベルで比較するとクレセントムーンや地走りよりも弱かったが、2014年5月20日のアップデートで地走りやクレセよりも強化されたため(ただし敵の防御力次第かも)、やっと残念が抜けたイケメンになった。ただしスラッシュゲインは威力は高いが次ターンしか効果がないため使い勝手は悪い。バーサクに関しても素早さが高くない上に装備品で余計下がるため相性が悪い。魔法は炎が得意なため、ファイアとファイアピラーで。
 通称:(性格が)残念なイケメン、残念王子。性能はいいのにサブクエはどうしてこうなった…。
 サポートは斬とHP。スタメンもサポートも万能…本当残念なのは性格だけである。

 アヌビス
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 弓装備可能なSR。サウザンドアローを持つ唯一の魔物。盾は装備できないが軽鎧装備可能かつ弓なので後列配置可能なためある程度の物理耐久も期待できる。ただし全体射撃4は全体攻撃の確率が40%程度かつ、バーサク、カウンターチェインは対象外なため、使えるスキルかといわれると少々悩みどころ。あと難点といえばサイドワインダーとピアシングショットが量産難しいRしか習得していないため無微課金にはスキル強化が辛い。その2種以外は全体スキルか火力が低いスキルしかなく、得意魔法もないのでボス戦ではどうしても他のSRより火力がない。スキルは優秀なせいか、最近は突がそれなりに高く魔法が使えて軽鎧が装備できるエキドナの餌として大人気…なのが可哀想である…。強い弓スキルが出ても餌という運命から逃れられないため、早急にステータスの大幅な上方修正が望まれる。…突がケイロン並に高くなれるとかあればいいのに…。
 通称:ショタ犬。サブイベントの涙目イラストにハートを貫かれたユーザは少なくないとか。
 サポートは突と器用さ。…サポートする前に餌にされそうだが…。

 イシス
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 爪と小剣が装備可能なSR。戦闘中に死亡した直後に復活できる再生の旋律を覚える唯一の魔物。回復力がかなり高く、PTヒールも習得するため回復役としても活躍できる。再生の旋律があれば全滅しにくくなるだけでなく、SRセルケトのネメシスオーラの効果も存分に発揮できる。
 反面SRとしては肝心の攻守が厳しい。布しか装備できないため前衛向きの武器なのに物理防御力が低い(おそらく再生の旋律使用前提仕様か)。せっかくダンシングエッジを習得するのに小剣スキルの火力に関わる器用さがカーミラに比べてかなり低い(35Lv☆3時点でカーミラより50も低い。これは同じく小剣装備できるセルケトと同数値)。そのためスキルの種類や強化の点も考えると現状廃課金以外は爪が無難か。尚且つ魔法は風しか高くない上に杖が装備できないので、後衛で魔法に頼るのも難しい。攻守ともに中途半端なため、ジウリールなど他の回復が高いSRがいれば餌となってしまう存在。
 …お色気ならばSRどころかRとも1位、2位を争うくらい十分レベルが高いのだが…。
 通称お母さん(期間限定イベントの会話内容(の雰囲気?)より)。
 サポートは風と回復。前線ボスに再生の旋律は非常に心強いため、回復担当の魔物や主人公のサポートとしてイシスをつける人が多い。

 アスレイ
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 水魔法がクーフーリン並に強いSR。貫通能力が高い水魔法攻撃のアクアヴォルテクス、敵のリジェネ効果を減らすアシッドフォールを覚える唯一の魔物。布装備だが小盾が装備できること、HPも高いこと、魔法職としては素の物理防御全般がエムプーサ並に高いこと、また物理魔法防御ボーナスがあるためかかなりタフ。叩攻撃も高いため、水魔法が効かない敵であれば前衛でメイス装備もありかもしれない。魔法職として使うなら後列配置すれば上位ボスでさえもしぶとく生き残ってくれるだろう。
 ただしウォータは覚えず、ウォータピラーもⅡのため、無微課金にはスキル強化が大変(単体魔法ではウォータピラーしかないクーフーリンと違って、アスレイはアクアヴォルテクスがあるから多少楽なはず)。また水以外の魔法の素ステータスはメリアスどころかイシスよりも弱いため、他の属性魔法を覚えさせづらい。物理攻撃面も後半になると叩耐性の敵が多いため、水耐性もある敵がいると攻撃手段を封じられてしまう。そして何故か水魔法が得意でスライム系なのに、高い魔法耐性が水ではなく風。
 通称きゅるるん(口癖より)。クーフーリンやアヌビスに続き3人目のロリショタ枠。魔法の強さだけでなく台詞や見た目の愛嬌からかSRの中でも人気が高い。
 サポートは水とHP。

 マナサー
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 爪装備可能なSR。パーティガードを覚える唯一の魔物。素の物理防御力がSR中一番高い上に重鎧や大盾が装備できるので盾に使う分にはパーフェクト。ドラゴンクロウもあるため、物理火力も耐久も姉シェーシャより上回る。
 ただし素早さと回復はシェーシャより低い。そのためせっかく耐久あってもバーサクCCは不向き。爪スキルやそれ自体はシェーシャと一緒の状況かつシェーシャと違って回復も低く得意魔法がないため斬耐性の敵には壁に徹するしかない。
 サポートは斬とHP。スタメンもできてサポートも万全とは妹恐るべし…。

 スキタリス
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 棒と爪装備可能なSR。双竜打を覚える唯一の魔物。HP高い上に素の物理防御もそれなりに高く、軽鎧と小盾が装備できるので物理耐久もある。棒が装備できるので物理攻撃がきかない敵と戦うことになったら杖装備して得意の呪魔法攻撃もあり。
 武器としては叩より斬のほうが高いが貫通ある爪スキルが1つしかないこと、双竜打がCT2と回転よい棒専用の貫通スキルであり、同じく棒専用のダブスト(ダブルストライク)が貫通高いことからオススメとしてはR3杖ができるまでは呪系メイスあたりか。双竜打、ダブスト、ドレインディール、アビスあたりあれば十分戦える。回復も高いほうでもないが低すぎるわけでもないので補助としてヒール系いれても良いかと。
 ネックとしてはアスレイと同じく叩耐性の敵が多いこと。アビスやドレインディールの強化が無微にはかなりきついことか。叩耐性の敵に対応するため余裕あれば爪スキル習得もありかもしれない。
 サポートステはHPと叩。
 通称チャラ男、キラキラ、水晶男(師匠クエより)。公式ドヤ顔搭載など特殊顔のネタ度が非常に濃いキャラ。

 リリス
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 棒と牙が装備可能なSR。攻撃時にHPも吸収するブラッドウェポン、呪の貫通魔法であるドゥームジャベリンを覚える唯一の魔物。知力がNo1な上、呪魔法特化だが他の属性もメリアス並にあるのでどの魔法も無難に使いこなせる。杖だけでなく牙も装備可能なので物理面でも活躍できる。
 物理火力で活躍させたいなら牙スキルを。だが物理耐久面が不安なので魔法耐性のボスでもない限りは杖装備して魔法攻撃が無難。前述したとおり呪以外でも無難に使いこなすため余裕があれば炎や水、風の魔法習得もあり。
 欠点としては現状牙は貫通スキルがないため突ステータスを相当伸ばさないと後半で火力不足となり詰むハメに。またカーミラの師匠として魔法面が強いがその分、小剣装備できず、突火力なく、素早さも低かったりと魔法以外の性能においては弟子より少々不利な状態。無微課金者の呪魔法の強化のしにくさは前述したとおり。そのためスタメンとして使うにはそれなりの愛情が試される…。愛情を注がないならスキルや魔法が優秀なのでサポートか餌が無難。
 サポートステはMPと叩。
 通称ロリバb…おや、誰か来たようだ。

 バステト
 まだRからの進化情報がないSR。そのためゲットするには天魔石か月魔石から召喚するしかない。
 棒と爪が装備可能なSR。ソニッククローと女神の応援を覚える唯一の魔物。異常状態回復持ちと回復力が高いため支援系SRだが器用もそれなりにあるので爪を装備して物理面でも活躍できる。
 欠点としてはせっかく棒が装備できても得意な攻撃魔法がない。また棒はダブルストライク以外の強スキルがSRスキリタスしか持っていないため火力に乏しい。そのため装備は爪になるが爪スキルは他SRのときに前述したとおりなので無課金は育成が大変。
 情報がないためサポートステはまだ不明。
 シェーシャに続いてメインシナリオクエストに関わってくるSRとしては2人目にあたる。
 

Q. 天の魔石買う金はないけど、他で買ったほうがいいものある?
A. 上記にも書いた三種の神器。
 上つるはしとルアーはミニゲームなしで探索や釣りが可能に。
 説明文にはないが、上つるはしはランダム確率で同じ箇所を何度も探索可能(自分は1箇所で最大8回探索できたことがある)。

Q. 倉庫増やしたい
A. 倉庫は後に出るクエストでのみ拡張可能。
 納屋という、後々のクエスト消化で実装される倉庫代わりのものなら課金で拡張可能。


以上。
スポンサーサイト

アルフヘイムでは初のブログ紹介

Category: アルフヘイム:その他  
幻想の蒼月歌





メインはTWだけど、アルフヘイムもちらほらやっている人のブログですー。
知り合ったのはラテールで、そのときからぼちぼち交流がある人です(o´д`o)

「7F楽しいよ!」と教えてくれた、ある意味俺がアルフヘイムの魔物使いをやり始めたきっかけにもなった人ですー。
…まぁ7Fが思ったよりも過疎だったので人が多いアルフに切り替えたんですがね…。



アルフヘイムはまだできたばかりのゲームなのでブログの数も少ないかと思いますが。
これからギルドとか実装されたりして上手いこと出会いがあってぼちぼちブログも増えてくれてリンクも増えたらなーと夢見る日々(*´∀`*)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

セシュン

Author:セシュン
オンラインゲームのプレイ日記。現在はグランブルーファンタジーのプレイ日記を書いています。

ツイッターやってます@_49721022

グランブルーファンタジー:
ランク3桁の課金はサプONLY。
グランブルーファンタジーとは

----------------

以下、プレイ記事はあるが休止or引退してるゲーム。
・アルフヘイムの魔物使い
・トキメキファンタジーラテール
・剣戟のソティラス
・ドラゴンクエスト モンスターパレード

※このブログはどのページからでもリンクフリーです。
※AAや顔文字を使っているのでPCからの閲覧推奨。

ブログ更新もツイートします
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
ランキング参加中ですヾ( ゚∀゚)ノ゙
QRコード
QR
ラテールの著作権
スクエニの著作権
当ブログのモンスターパレード関連の記事には、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
アピリッツの著作権
当ブログのアルフヘイムの魔物使い関連の記事には、株式会社アピリッツが権利を所有している画像があります。当該画像の転載・配布はできません。 (C) Appirits 2013 All Rights Reserved.
剣戟のソティラスの著作権
© 2014 FUNYOURS JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved. © FUNYOURS Tecnology CO., LTD. All Rights Reserved.
グランブルーファンタジーの著作権
当ブログのグランブルーファンタジー関連の記事には、株式会社Cygamesが権利を所有している画像があります。当該画像の転載・配布は禁止いたします。